« ゆっくり引いて・・・ | トップページ | ビリヤード歴 »

2006/01/28

力が入ってしまう

バックストロークをゆっくりと長めにとるフォームにしてから、どうもポジショニングにズレがでる。入れはそれほどこれまでと変わらないのだが、引きすぎたり、手球が走りすぎたりして、思った場所にポジショニングできないのだ。そのズレが少しずつ全体的な組み立てなんかも壊していき、変なところでミスしてしまうことが多い。ロングドローもやりやすいし、かなりキレもアップしていていいフォームなのだが、まだまだ慣れるには時間がかかるようだ。

そして、このフォームの最大の問題は力が入ってしまうこと。バックストロークが長く取れるために、おのずと手球に力を伝えられる。だから、実際はこれまでよりも優しいタッチで手球をコントロールすればいいのに、逆に振りやすいから力を入れてしまうのだ。ここは気をつけなくてはいけない。なんか、フォームのことばかり頭で考えていると、少し前に気をつけていた「いつでも優しいストロークを心がける」という部分を忘れてしまう。両方をしっかりと意識して・・・というのは難しいなぁ。とりあえずは、このバックストロークを長めに取るフォームが無意識にできるまで練習してから、また力を入れて撞かないようにポジショニングに気を配るようにしていこう。何はともあれ、とにかくいまのフォームでしっかりと力を抜いて入れられるようにならなくてはいけない。

|

« ゆっくり引いて・・・ | トップページ | ビリヤード歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8385651

この記事へのトラックバック一覧です: 力が入ってしまう:

« ゆっくり引いて・・・ | トップページ | ビリヤード歴 »