« 力が入ってしまう | トップページ | 全日本選手権スペシャルページ »

2006/01/30

ビリヤード歴

もうすぐ2月。早いもので、このブログがスタートしてからもうすぐ2年ということになる。2年の間に、実力はかなりアップしたし、多くの人と撞くことができたし、ビリヤードに対する考え方なんかも変わったように思う。と、2年間を振り返ろうというわけではなくて、ビリヤード歴について書いてみようと考えた。

ビリヤード歴は、6年くらいだと思う。実は、最初にビリヤードの練習をしよう! と決めた日がいつなのかまったく思い出せない。きっと、「やろう」という強い決意ではじめたわけではないだろうし、なんとなくビリヤードがうまくなりたいから練習する、という日が次第に多くなって・・・と、自然に入っていったのだろう。それが、確か6年前だったと思うのだ。当時は、調布の近くに住んでいて、キューベストに通っていた。そして毎日のように球にハマり・・・とはならなかった。しばらくして練馬のほうに引っ越すことになり、池袋のロサがホームになったのだが、やっぱりそこでもすごくハマるという感じではなく、なんとなく週1回くらい練習する程度。マイキューもなかった。しかも、このころはビリヤード場に行くのが面倒だったりして、1年くらいあんまり球を撞かない時期が出てきてしまった。ずっとひとりで撞いていたということもあり、いろいろな人のいろいろなプレーというものに触れる機会がなかった。そのため、なんか本で学ぶ練習だけというものに飽きてしまい、ビリヤードの奥深さみたいなものを知ることができなかったのだ。ちょっとうまくなったし、いいか、という気持ちもあった。

結局、本当に球にハマり出したのは、いまの場所に住んでから。ちょうど4年前のことになる。マイキューを手に入れたのは、それから半年くらいしてからかな。実際、ちゃんとビリヤードをやっている時期となると、4年なのかも。まだ4年しか真剣にやっていないのだから、実力もこんなもん、だと納得できる。なんか振り返ってみると、ただただ真っ直ぐ撞くことを目指して、四苦八苦していたなぁ。マイキューを手に入れるまでの長い期間は、センターショットを中心にした基礎練習ばっかりやっていた。でもそれが、いまでも役立っているし、それでよかったと思う。2年前、ブログをスタートさせてからは、頭でもいろいろと考えられるようになった。その場、その場で、感じたことや球の配置を記録するようになってから、見落としがちな細かいことまで気がつくようになった。この6年、2年遊んで、2年這って、2年歩いてきたような気がする。ここからは走り出せるといいのだが・・・。

|

« 力が入ってしまう | トップページ | 全日本選手権スペシャルページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8419164

この記事へのトラックバック一覧です: ビリヤード歴:

« 力が入ってしまう | トップページ | 全日本選手権スペシャルページ »