« 楽しいけれど | トップページ | 弾かないために »

2006/02/19

・・・予選突破

土曜日のハチミギのマンスリーは、神楽亭方式。総当りで各ブロックの上位2人を選出し、その後そのメンバーでトーナメントを行う方式だ。今回は、6人ずつの2ブロックに分かれたのだが、結果は予選突破の3位タイ。なんとなく流れがよくて勝てたゲームがほとんどで、内容的に褒められたものではないが、それでも楽しく撞けていた。

そして今日は、クラウドのA級未勝利戦だった。A級になってから、他店でのトーナメントも含めて未勝利の人がエントリーできるトーナメントなのだが、B級でもエントリー可能。ということで、力試しもかねてエントリーしてみたのだ。ダブルイルミネーションで8人を選出して、決勝トーナメントを行う。さすがに、強敵揃い。いやぁ、周りを見渡すと、ちょっと勝てそうにないなぁという気持ちになる。そんなわけで、予選突破して、決勝トーナメントに進むのが目標。結果は、決勝トーナメント1回戦負けの8位。このメンバーで予選を突破できたというのが、かなり自身になった。とはいえ、負けてしまった決勝トーナメントのゲームは反省すべき点が多かった。リズムは悪いし、落ち着きがなかった。このゲームに限らないのだが、いい球が撞けていても、ちょっと撞きにくい場所だったりするとシュート力が安定しない。こういうちょっとの差が、全体的に大きな差になって現れてくるのだろう。普通の簡単なショットは誰でも決められる。少し難しいものを、きちんと決められる力が、やっぱりこの辺りからは必要なのだ。4先の1-3で迎えたセット。マスワリできそうな配置だったのに、5番でトばして相手に取りきられてしまった(下図)。8番が邪魔になって、8の裏にブリッジを作り、やや手球までの距離が遠いかたちでの構えとなったのだが、もう少し慎重に5番を狙わなくてはいけなかった。同じようなリズムで撞いてしまったために、わずかなブレが生まれて、5番が穴前でガコガコしてしまったのだ。

060219

そうそう、このA級未勝利戦はシュートアウトがOKとなる。これまでB級戦しか出たことがなかったので、シュートアウトは初体験。ということで、まったく使い方がわからなかった。いや、すっかり忘れてしまっていた。決勝トーナメントの初戦の最初のセット、ブレイク後に1番が隠れてしまっていた。僕は果敢にクッションから当てに行ったのだが外れてしまい相手のフリーボールに。そして、1-9コンビを決められた。ほかにも、ブレイク後に見えなくて無理した場面がいくつかあった。そう、こういうときにシュートアウトすればよかったのだ。まったく頭になかった。シュートアウト、次からは忘れないように覚えておこう。いやぁ、馬鹿だった。

負けたのはやっぱり悔しいけれど、でも、全体的にはいい球が撞けていたし、すごく自身になったし、楽しかった。決勝トーナメントではないが、予選で1回負けたNaoさんとの試合は最高に楽しかった。僕もいい球を撞いていたが、さらにその上を行くいい球を見せられてしまった。この試合でも感じたし、そして、決勝トーナメントで勝ち上がっていく人のゲームを見ていて、まだまだ僕の実力は今日優勝できるようなレベルに達していないと感じた。それなりに調子がよければ、たぶん五分以上の対決はできるだろう。ただ、そうではなくて細かい1球1球に技術の未熟さを感じたのだ。入れとか出しとかそういうのの次のステップのようなもの。入れてどうする、ここにはこう出すというような出し方。そういう部分だ。いい経験になった。来週はB級戦がある。今日よりも上の成績は取りたいな。

|

« 楽しいけれど | トップページ | 弾かないために »

コメント

球越しで引き球を入れるのは難しいですよね。
僕は自信が無いので、5番を入れる時に手球をクッションから剥がすようにして
6番は左下コーナーにとると思います。

投稿: スナイパー | 2006/02/22 12:24

それも考えたのですが、その6番を入れて7番に引いて出すのも難しいと考えまして・・・。その6番でミスをしたら、ほぼ取り切られるの確定ですからね。とはいっても、この5番から取り切られたので同じなのですが・・・。

こういう細かい部分での安定力をもっとアップさせなくてはと感じております。

投稿: アライ | 2006/02/22 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8739724

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・予選突破:

« 楽しいけれど | トップページ | 弾かないために »