« 死ぬ気で出して・・・敗れる | トップページ | タップ交換 »

2006/02/07

広い集中から狭い集中へ

元のストロークに戻して撞いてみた。何よりも、いろいろと考えずに無心のまま球に向かえる点がいい。そして、久々に入れモードになった。なんというか、いい集中ができて、ゆったりと的球を狙って撞くという動作を繰り返すだけのモードだ。リズムやタイミングなど、合わせにくいものがピタッと合ってくる。そしてこのモードは、テーブル全体を見渡してから的球に向かうということに気がついた。球をポケットしたあと、いったんテーブル全体が頭に入ってくる。そして、そこからギューッと的球に向かって視界が狭まっていくイメージなのだ。広い集中から狭い集中に切り替わるという感じだろうか? これが繰り返される。これまで、ストロークを変更しようとしていたときは、ストロークのことばかり頭がいってしまって、狭い集中だけしかできていなかった。要は、的球とポケットしか見えていなかったのだ。もっとテーブル全体で球を入れるようにならなくては、うまく組み立てができない。実は、この入れモードは、これまでなかなか自分でコントロールすることができなかった。入れモードにしたいのに、まったく集中できなかったり・・・。でも、広い集中というのを意識すると、この入れモードへのスイッチが見つかるかもしれない。ちょっと意識してプレーしてみよう。

せっかく元のフォームに戻したのだが、実は球は相変わらず気持ちよく撞けていない。なんか微妙に合わないのだ。ストロークとかそういうものではなくて、きっとシャフトかタップか・・・。見越しがまったく合わないことが多い。シャフト、ヒビが入っているし、タップはガチガチだし・・・。シャフトは新しい物を注文中だから、とりあえずだましだまし使っていこう。というわけで、タップを変えてみるか。シャフトも新しい物が来たら、修理に出さないとなぁ・・・。と、球が入らないのを道具のせいにしているうちはまだまだかな。

|

« 死ぬ気で出して・・・敗れる | トップページ | タップ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8552051

この記事へのトラックバック一覧です: 広い集中から狭い集中へ:

« 死ぬ気で出して・・・敗れる | トップページ | タップ交換 »