« 目標達成! したけど・・・ | トップページ | さらばHyblid Pro 2 »

2006/02/28

パーフェクトタイミング

手球を走らせたいときも、弾かないで撞くように心がけている。そして、ある結論に達した。例えば、100パーセントの力でショットをしたとき、少しでも撞点がズレたり、タイミングが合わなかったりしたら、きっとストロークのすべての力が手球に伝わることはないだろう。いくらかの力をロスしてしまうと思うのだ。仮にそのロスが20パーセントだったとすると、手球にはストロークの80パーセントの力が伝わることになる。このショットは、もし手球にストロークの100パーセントの力を伝えることができるとすれば、そのときの80パーセントの力加減のショットと同じということになる。どちらが安定したストロークかといえば、それは80パーセントの力加減で撞いたショットだ。要は、きちんと手球にショットの力をすべて伝えることができれば、それだけハードなショットは必要なくなるということ。そんなわけで、このショットを可能にするストロークを目指すべく練習している。

とはいうものの、これがものすごく難しい。ガツンと力が乗った素晴らしいショットは、キューが振り下ろされてヒジが真下にきたそのときに手球とキュー先がぶつかる完璧なタイミングでないと生まれない。センターショットのような簡単な配置でも、そうしたショットができるのは、多く見積もっても5球に1球といったところだろう。でも、難しいからこそ、最近は少しセンターショット練習のような単純なものが楽しかったりする。そして、球を散らして取り切り練習をするときなども、このタイミングに気をつけながら撞いている。が、タイミングにばかり意識が向くと、キューを振りぬかずに止めてしまうことがある。振りぬかないと、今度はタイミングが合っていてもブレが生じてしまってキレイなショットにならない。本当に難しい。タイミングよく、そしてキューを真っ直ぐに振りぬくストローク。理想形だな。

そうそう、ちょっと面白い練習も考えた。それは手球とひとつの的球をテーブルに置いて、手球を空クッションに入れてから的球に当てるという練習。的球が隠れてしまっても、きっちりと当てられるようになるための練習なのだが、クッションに入る角度によって、手球の動きがいろいろと変わって面白い。思っていたよりも、角度が広かったり、逆に狭かったり、そうした感覚のズレも修正できる。1クッション、2クッション、3クッションと、クッションさせる数を増やしたほうが当てやすい球もあったりして、どういう手球の動きがベターかということもよくわかる。B級戦などでも、高レベルな相手との試合などでは、隠れた的球にどう当てるかによって大きく流れが変わってくる。きっとこの感覚は役に立つときがくるだろう。ときどきこうしたまったく新しい感覚を身に付ける練習をするのもいい。

|

« 目標達成! したけど・・・ | トップページ | さらばHyblid Pro 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8885068

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトタイミング:

« 目標達成! したけど・・・ | トップページ | さらばHyblid Pro 2 »