« グリップをベージュに | トップページ | いい感じになってきた »

2006/03/13

いっぱいいっぱい

最近の僕のビリヤードはといえば、「いっぱいいっぱい」だ。シャフトが変わるということは、見越しだけではなくて、手球の動き方や進む距離、タイミングなんかも大きく変わるわけで、そうした細かい誤差を修正していくことで精一杯というわけだ。しかも、今回は、前回のようにHyblid ProからPro2になったときとはわけが違う。ホント、まったく異なるシャフトになったともいえるわけで、いろいろと覚えることが多くなっている。この球は、これまでよりも弱く撞いても大丈夫だな、とか、引きはこの力加減でも引けるな、とか、そういう細かい部分での発見が多いので、面白いけど大変だ。

こうした経験によって覚えていくことは、撞いていくうちになんとかなっていくだろう。でも、入れに関してはまだまだ問題ありだ。特に、手球がクッション際にあるとうまく裁けない(下図)。図は、かなりデフォルメした難しい配置だが、こういうややフリのクッション際の球が大きくズレてしまうことがある。手球と的球の距離、的球とポケットの距離が近いなど、ある程度入れが簡単なものであれば大丈夫だが、どちらかが遠くなってしまって、入れが厳しくなるとズレが大きくなる。キューを出して手球を走らせようとすればするほど、ズレてしまうのだ。普通に、入れやすい球と同じようにチョンとキューを軽く出すだけでいいのだけれど、どうもそれができない。これはこういう極端に難しい配置だけではなくて、ちょっと遠目の球などでも現れる。キューを出すだけでいいのに、長く出そうと少し力みが入ってしまってズレてしまうのだ。WD700は、こうした力みに対するズレが、ものすごく大きく出てしまう。遠い球でも力みのないストロークをマスターすべく、基礎練習を続けていかなくては。でも、すごく面白い。

060313

|

« グリップをベージュに | トップページ | いい感じになってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/9071491

この記事へのトラックバック一覧です: いっぱいいっぱい:

« グリップをベージュに | トップページ | いい感じになってきた »