« WD700到着 | トップページ | グリップをベージュに »

2006/03/07

WD700を使う

さっそくWD700で撞いてきた。いやぁ、キレるしパワーがあるのか手球が進む。だから、すごくポジショニングしやすい。ところが、球が入らない・・・。やや長いということもあり、最初のうちはまったくタイミングが合わなくて、トばしまくり。後半はそれにも慣れてきて、いい球が撞けるようになってはきたけれど、やっぱり全然入らないことがある。そのほとんどが、やや強めに撞く球。元々、こういう球はトばしやすいので、弾かないようにというのが現在のテーマだったりする。ところが、弾くとか強くとかではなく、少しでもキューを強めに出すと手球が安定しないのだ。

その原因は、キューの握り込みにあった。ちょっと強くキューを出す場合、どうしてもグッとグリップを握ってしまう。すると、そこで微妙な振動が起き、それがキュー先に伝わってしまうのだ。これまでのHyblid Pro2などは、この振動がキュー先まで向かうことはなかった。でも、今回のWDは明らかにキュー先が振動しているのがわかる。これでは手球もブレるに決まっている。握り込まずに、スッとキューを出すといいのだけれど、それをキューを早く出しながらするというのが難しい。これまでは、何かを撞くというそのままの感じだったが、WD700は豆腐のように柔らかいものを崩さないようにキューを突き刺すというイメージで撞くと素晴らしくいい球が撞ける。実は、こういうキュー出しが、いいキュー出しなのだと思う。常にこのようにブレのない真っ直ぐなキュー出しを心がける。それに気がついた、そしてそれを目指せるのだから、WD700は正解かも。スッとキューを出せば球は入る。でもそうじゃないと入らない。すごく正直でいいのだけれど、だからこそ難しいなぁ。そうそう、見越しに関しては、「ある」。特に遠い球の場合は、カーブが出ることがある。とはいえ、そんなに気になるレベルではない。Hyblid Pro2と比べて、ややある程度かな。キレがあるので、半タップくらいのヒネリにしておけばいい。とにかくいまは、キューに慣れることが先決だ。

|

« WD700到着 | トップページ | グリップをベージュに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8990203

この記事へのトラックバック一覧です: WD700を使う:

« WD700到着 | トップページ | グリップをベージュに »