« 厚めの「への字」 | トップページ | WDの先角 »

2006/04/30

構えてそのまま出す

土曜日は、クラウドのフリータイムでN田君と撞いた。久々にしては、まぁまぁの球が撞けていたように思う。が、ほとんど勝てなかった。N田君はどんどんうまくなる。すごく安定していて、簡単な配置をミスすることが少ない。きっと、もっともっと強くなるだろうなぁ・・・。僕がN田君を見て、いつも感心してしまうのは、無駄な動きのないフォームだ。それは撞く瞬間とかそういうところではなくて、N田君は構えてからそのままスッとキューを出す。構えたあと、素振り中に体が動いてしまったり、キューをこねてしまう人は多い。そういうところがないのだ。構えた状態でキューを出している。最近特に思うのは、球が入る/入らないは、構えた瞬間に決まっているということ。的球を狙って構えれば、あとは真っ直ぐにキューを出すだけで、ほとんどの場合はポケットできると思うのだ。だから、構えてからは、体を動かさずにそのままキューを出したほうがいい。きっとN田君の安定度は、ここから生まれるものなのだろう。

実はそんなN田君に、「穴前システム」を教えてしまった。これは、例えば長クッション際の手球で穴前の的球を狙った場合、2分の1の厚みを狙えば、手球は反対の長クッションのサイドポケット付近に向かうというやつだ。言葉にすると難しいのだが、2分の1の厚みで的球を狙えば、手球の現在の位置から進むコースを予測しやすくなる。そしてこのシステム、かなり正確に手球が転がる。ゲーム中に、6番が穴前に残っていて、僕はそこから7番にこの穴前システムを利用してポジショニングした(下図)。この配置の場合、7番のウラを回して手球を動かすのは、7番を避けるために厚みや引きのコントロールが微妙になるし、何よりも点出しになるので力加減が難しい。センター付近に向かうように手球のコースをコントロールできれば、それが最も確実だと判断したのだ。というわけで、そのまま6番の右側2分の1の厚みを狙う。真っ直ぐに撞けば、センター付近に向かって手球は進んでいく。穴前しすてむは、8分の1などというように厚みをズラしたり、微妙にヒネリを加えたりして、進むコースをさまざまにアレンジできる。僕はまだまだ微妙なコントロールとなるとミスが出るが、上級の人は、こうした穴前の球からのポジショニングがうまい。なぜあんなに簡単に、穴前の球から出せるのだろう? と不思議に思うことがある。もちろん、穴前の球を練習しているんだろうなぁ・・・。

060430

そうそう、クラウドのラシャが新しくなっていて、ものすごく手球が走る。引ける引ける。そんなわけで、無理矢理引こうとしてミスしたり、引きすぎてしまってポジションできなかったり・・・。わかっているのだから、きちんと調節しなくてはいけない。特にハイボール付近になると、力が入ったりキューが出なかったりして、ものすごくポジショニングが狂ってしまうことがある。新ラシャは面白いけれど、微妙なコントロールが難しくなる。ハイボールでも、ミスを恐れずにビシッと撞かなくてはいけないのだ。まだまだ弱いなぁ。

|

« 厚めの「への字」 | トップページ | WDの先角 »

コメント

いつも相手していただいてありがとうございます。
アライさんと撞いている時は、調子が良いときが多いです。
アライさんは強弱のメリハリがきいた気持ちよい球を撞くので、その影響で調子がよいのかなと思います。
相手の撞き方に影響されてしまうことが多いので、自分のペース、自分の撞き方をいつもできるようにするのが今の目標です。

穴前システムはよいこと教えてもらいました。
穴前の球はいつもあらぬ方向へ飛んでいってしまうのですよ。。
練習して活用しようと思います!

投稿: えぬだ | 2006/05/03 12:21

自分の撞き方、ペースって維持するの難しいですよね。その辺は、F太さんがものすごく素晴らしいです。いつでもマイペース。僕も結構、人のペースで調子が変わってしまいます。でも、調子がいいときの人のリズムなんかを真似するようになってから、いい球が撞けるようになったような気がします。

これからもよろしくです。一緒に頑張りましょう。

投稿: アライ | 2006/05/08 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/9844144

この記事へのトラックバック一覧です: 構えてそのまま出す:

« 厚めの「への字」 | トップページ | WDの先角 »