« 入れへの不安 | トップページ | まとめて革巻き »

2006/04/11

忘れてしまえ

流れの中で、簡単な配置なのにトばすものがある。が、再度その配置を撞くと入れられる。それほど難しくはないので、入れようと思えば入るのわけだ。ところが、流れの中で出てくるとまたミスをする。なぜかといえば、出しや力加減など「入れ」以外のことを考えてしまうからだ。特にそれが流れの中だと、手球が転がっていくイメージが先行してしまい、入れがおろそかになってしまう。そこで、「入れ」だけを考えて撞くようにした。

実はそれは簡単なことというか、基本的なことで、構える前にすべての考えをまとまてしまうということ。「撞点」「力加減」などをあらかじめ決めて、あとはその通りにキューを出す。キューを出す際は、入れることだけを考える。この本当に当たり前のことが、徹底されていなかった。撞く瞬間まで、力加減を迷ったり、撞点を考えすぎてしまったり・・・。いざ撞く瞬間というのは、それまで考えたすべてのことを忘れて、キューを真っ直ぐ出す、的球が入れられる場所に手球を持って行く、ただそのことだけを考えればいいのだ。一生懸命考えたことを、パッと忘れてしまうのは難しいのだけれど、それくらいの気持ちで「入れ」に集中しなくてはいけないと思うわけだ。

|

« 入れへの不安 | トップページ | まとめて革巻き »

コメント

>構える前にすべての考えをまとまてしまうということ

コレ!!!
わかっているようで 実はできてないかも!!!
明日試してきます。

投稿: みふぃ | 2006/04/14 03:15

どうでしたか?
僕は冷静さを欠いてしまうと、こういう単純なことがまったくできなくなってしまいます。

投稿: アライ | 2006/04/16 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/9537010

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れてしまえ:

« 入れへの不安 | トップページ | まとめて革巻き »