« フリフリフリ!!! | トップページ | 忘れてしまえ »

2006/04/10

入れへの不安

最近、入れることに対して不安がよぎり、トばす場面が多い。「入らないかも」と思って撞いた球は、ほとんど入ることはない。わかっているのだけれど、「入れられる」という自信が持てないのだ。何かをきっかけに、球は入れられると思うようになれば、いい感じで取り切ることができたりするのだが、そうなるまでが難しい。2時間くらい撞いて、やっとそうなったり、ずっとならなかったり・・・。不安を持ったままだと、構えてみてもまったく厚みが見えない。見えないというよりも、キューを真っ直ぐに撞いたとしても入る気がしない。だから構え直すのだけれど、それでもやっぱり入る気がしない。土曜日のクラウドは、S兄弟とN田君と撞いた。全然勝てなかった。N田君と撞いた後半、いい感じにはなってきたけれど、全体的には入れがダメだ。ポジショニングは大事だが、それを意識し過ぎてトばしていては意味がない。撞くときは入れだけを考える。そういう単純なことを、もっとしっかりと意識する必要がある。

こういう状況だから、入れられると自信を持てない球の場合は、セーフティーを使うことが多くなった。少しずつだが、セーフティーを成功させるための手球の動きや力加減などがわかってきたように思う。そして、ものすごい発見をした。「セーフティーは序盤でこそ使うもの」ということだ。序盤のほうが、球がたくさんあるので手球を隠しやすい。そしてトラブルがない配置の場合は、フリーボールをもらえば取り切ることができる。これまでは、序盤でフリーボールをもらっても、全然取り切ることなどできないために、こうした考えが生まれることもなかった。でも、いまはなんとか取り切ることができるだろう。そう、序盤で簡単な球をもらうか与えるかで、もう勝敗は付いていると思っていいのだ。だから、取り出しの球を無理して入れにいってトばして相手に簡単な配置を渡すのは最悪ということ。自分にいい配置が回ってくるまで、じっくりと守るというのも勝つための手なのだ。特に試合などでは有効だろう。これからも、少しずつセーフティーを練習して、試合の主導権を握れるようになりたい。

|

« フリフリフリ!!! | トップページ | 忘れてしまえ »

コメント

お久しぶりです。
試合の主導権。大事ですよね。入れても出せない時とかは躊躇せず守りにいく。そういう駆け引きも大事と思います。
これからもお互い頑張りましょう!

投稿: 長野人 | 2006/04/10 19:33

わぁ。
なんびり初登場。嬉しいです。
そういえば、セーフティーの練習ってしたことないです。
何をしたら良い練習になるのでしょうね。
セーフティのセオリーや考え方を勉強するのがいいのかなぁ。

投稿: えぬだ | 2006/04/11 01:15

そうそう、

フリフリ!!。

これこれ!!。

これを気にして、私はA級になりました!!。

投稿: とらネコ | 2006/04/11 02:03

たくさんの書き込みありがとうございます!
お返事が遅くなり、申し訳ないです。

>長野人さん
お久しぶりです!
ある程度入れられるようになったら、入れられる/入れられないの判断力を付けるというのもいいかもと思っています。入れられる確率が低い球をミスして、相手にいい配置を渡してしまっては最悪です。もちろん流れなどもあるでしょうが、もっと攻めと守りの駆け引きを勉強したいなと思っています。

>えぬださん
最近僕は、取り切り練習で出しミスをして入れられない配置になったときに、セーフティーを試みて手球を隠す練習をしています。何度かやっていると、なんとなく手球のクッションからの動きなどがわかってきて面白いですよ。
えぬださんは、どんどんうまくなっているので、追い抜かれないようにと気合いが入ります。

>とらネコさん
フリフリですよね。
できなくても、意識しすぎてミスをしても、きっとフリをしっかりと考えることはプラスになってくると思うのです。フリフリを気にして、僕もA級を目指します。

投稿: アライ | 2006/04/11 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/9523745

この記事へのトラックバック一覧です: 入れへの不安:

« フリフリフリ!!! | トップページ | 忘れてしまえ »