« どうすればいい? | トップページ | 思わぬ感覚のズレ »

2006/06/11

クラウドB級戦

今日はクラウドのB級戦に出場した。最近はなかなかいい球が撞けているので、ちょっと期待していたのだが、結果はベスト16だった。参加人数がなんと60人くらいになり、見渡せばオールスター。B級だけど、そのへんのA級の人なんかにも勝ってしまうようなメンバーが揃っていた。今回の優勝商品はキューだし、雨も降っているし、参加人数が少ないのでは? と、思っていたのだがまったく逆だった。かなり厳しいトーナメントだったということだ。

そんな中で、予選を突破したことには意味があると思う。予選で1回負けたのだが、ものすごくうまい人で、2度ほどウラマスされてしまった。まぁ、ブレイクで球が入らない自分が悪いのだけれど、それでも取りきるのはすごい。ただ、この試合も逆に取り切ったりして、あきらめることなくヒルヒルまで持っていった。結局は負けてしまったのだが、追い込まれてから追いついたことは素直に評価したい。そして決勝トーナメント初戦がTBさんだった。いやぁ、このそうそうたるメンバーの中でも、1、2を争うくらいやりたくない相手だった。ところが、どちらもうまくリズムに乗れずにどちらかといえばしまりのない試合。ヒルヒルで負けたのだが、決めるべきところで決められない弱さがあった。あとひといきが足りなかった。このB級戦、優勝はTBさんだった。強かったなぁ。これまでのクラウドで撞いていても、B級の中ではひとつ抜けている実力があった。当然といえば当然の結果だろう。

さて、今回の反省点としては、「スクラッチが多すぎる」「簡単な球を確実に決められない」「アンドセーフが中途半端」というものがある。スクラッチに関しては、最近の最大の課題。もっとしっかりと安全な球の動きを重視しないとダメだ。そして簡単な球をきっちりと入れられないことが多い。どんな球もしっかりと狙って入れないとダメなのだ。どうも序盤にそれをやってしまって、取り切られるパターンが多いような気がする。そして最後のアンドセーフについてなのだが、入れにいくかセーフティーにいくか、中途半端になることがある。入れにいって、トばした際に隠れるように・・・と考えるわけだが、だいたいうまくいかずに見えてしまう。セーフティーもきちんとできないのに、そりゃそうだろう。そしてそんな考えだからキューが出なくてリズムまでおかしくなる。入れるかセーフティーか、きっちりとどりらかに絞ってから撞くことにしよう。

|

« どうすればいい? | トップページ | 思わぬ感覚のズレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/10485208

この記事へのトラックバック一覧です: クラウドB級戦:

« どうすればいい? | トップページ | 思わぬ感覚のズレ »