« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

自己分析

会社のビリヤード仲間Mが所属しているということもあり、土曜日はフォーレストに参加した。そうそう、コメントをいただいたこうさんも所属しているサークルだ。こうさんは、先日の地上最強のB級戦で準優勝をしたそうだ。実際にこうさんと撞いてみて感じたのは、いろいろなことができるなぁという印象。入れ、出し、取り方など、多くの点で高いレベルを保っているように見える。それは、フォームとかそういう基本的なものはもちろん、経験や記憶という部分でもしっかりとしているからなのだろう。実際、相撞きしたあとにこうさんと話してみたのだが、ものすごくビリヤードに対して勉強しているというのがわかる。ノートに自分のプレーについての細かな情報を書き込んでいるという。僕の場合は、このブログに記しているわけだが、同じように自己分析がビリヤードで重要だと感じており、なんだかうれしくなってしまった。ビリヤードが難しいと感じるのは、すべてのプレーヤーにとって向き不向きが異なる点。ある人がいいといったことが、すべての人にいいとは限らない。だからといってその意見は間違っているというわけでもない。ビリヤードについて感じるのは、すべてが正しいということ。しかし、自分にとってプラスになるものはその中に隠されていて、それを見つけるのが難しい。だから自己分析は必要なのだと感じている。こういう自己分析をして、ミスする部分を見つけたり、それを修正したり・・・という作業はものすごく日本的だ。そしてものすごく上達に時間がかかる。だけど、限られた時間の中で上達するには、こういう地道な作業が大事になっていくのだろう。考えたことが、パッとできてしまえば、こんな面倒なことは必要ないのだけれど、そんな才能もない。というわけで、これからも地道に続けていければと思っている。

さて、そんなフォーレストでの相撞き時でもたびたびあったのだが、どうもサイドの球をトばすことがある。僕は結構サイドポケットを多用する。角度があって入れが難しそうなときでも、ポケットが近ければ、サイド狙いで手球をポジショニングすることが多い。もし押しで入れられる配置ならば、それはほぼ入れられるだろう。問題は、真横に手球を走らせる配置だ(下図)。もちろん、このとき、バシッと強めに撞きすぎてしまうのはダメだ。ところが、よくトばすのは、入れられる力加減でストップショット気味に撞くもの。なぜか厚みがズレてしまう。手球を走らせようと、目線が先に横に動いてしまうのかもしれない。とりあえずは、この配置を何球か練習する必要がありそうだ。また、サイドを狙い過ぎることもある。例えば、サイドをやめてコーナーに取りに行ったほうが手球のポジショニングが簡単な配置なのに、無理にサイドに出しにいってミスするパターンだ。サイドポケットは、うまく使うと便利だけれど、逆フリになってしまったり、ちょっとでも間違えてしまうとものすごくピンチになる。もっとしっかりと、サイドポケットの球について考えてプレーする必要があるな。

060731

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/28

近い球と遠い球

リズムを重視して撞くようになってから、どちらかといえば感覚的な部分で球を入れることが多くなってきた。これまでは、手球が向かう場所を確認して、その手球の中心が向かうべき1点を狙って撞いていた。リズムを考えるようになって、そうした物理的な狙いよりも、「入る」と思える感覚で撞いたほうが球がポケットできるとわかり、この感覚を大切にしている。ところが、この感覚のままだと、遠目の球がまったく入らない。入らないというよりも、「入る」と思えないのだ。想像になるのだが、感覚で撞いているとはいえ、その感覚はこれまで球をポケットしてきた記憶によるものだと思う。構えて「入る」と思うのは、入ったときの感覚を覚えているから。その時と同じ状況で手球を撞いてやれば、必ず入る。ところが、遠目の球というのはほとんど撞く機会がないということもあり、体が勝手に動くほどイメージが出来上がっていないと考えられるのだ。だから遠目の球に対して感覚で入れようと思っても、まったく入る気がしなくてなんとなくリズムまかせに惰性で撞いてしまう・・・。そしてトばす・・・。というわけで、遠目の球はこれまで通り、手球が向かず場所をイメージして、そこにキューを出すようにしている。この近い球と遠い球の狙い方の使い分けは、わすれないように自然とできるようになるのが理想だろう。

さて、感覚で入れられるようになってから、簡単な球をトばすことが少なくなったが、それと同時に新たなミスが目立つようになった。それが、無理にヒネリを入れてポジショニングをミスするというもの。感覚で入れられると、ヒネリがほとんど気にならない。「入る」と思えば、ひねろうがひねるまいが、入ることが多いのだ。というわけで、ヒネリを多用してしまう場面が出て来てしまう。要は調子に乗ってしまうのだ。特に穴前・・・。例えば、先日、6番から短→長で回そうと思ったのだが、手球の勢いが弱くて長まで届かなかった(下図)。結局、7番が厳しくなってトばしてしまったのだ。なぜ手球の勢いが弱くなったのかといえば、それは、6番に対して手球が厚く入ってしまったから。ヒネリをやや強めに入れたために、体が厚く入れてしまったのだ。こういう穴前の球は、厚みだけで手球を走らせてやったほうが、コースも力加減も調節しやすい。う〜ん。調子に乗らないようにしないとダメだな。ヒネリは必要だけれど、やり過ぎは厳禁。より確実に、ということだ。

060728

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

的球は短クッション中央に

久々に、TBさんと5先を何ゲームか撞いた。7ゲームやって1勝6敗。完敗だ。調子が悪いというわけではなく、マスワリも普通に出ていたし、結構球も入れていた。ただ、9番をトばすことがあったり、重要な部分でミスが目立った。球を入れている数やゲームの流れなどを考えると、TBさんと僕はそれほど差がないように感じる。大きく違うのは、ハイボールなど、要所での処理の仕方。この辺の確実性の違いが、ゲームの結果として表れているのだろう。

まずは9番のミス。どうも、9番だけ入れが安定しない。7、8番と難しい球を入れて、簡単な9番をトばすパターンがかなりある。安心するというわけではないと思うのだが、入れよう入れようという気持ちが強くなって、リズムがおかしくなる。それはわかっているのだけれど、いざ構えて撞こうとすると、そのリズムに気がいってしまってやっぱりリズムがおかしくなる・・・。なぜか9番だけ、ほかの球と同じような感覚で撞くことができない。入れのほうばかり、気にしてしまうのだ。これは早々に直していかないと、まったく勝てなくなる。9番に対しての自信も必要だし、どんな状況でも同じリズムで撞けるような強い気持ちもほしい。「入れる」ではないんだよなぁ・・・。

そして、ハイボールでの無理というのも問題だ。どうも無理してトばしてしまって、簡単な配置を相手に渡すことが多い。その対応策として、セーフティーを試みてはみたのだが、やっぱり隠れずに見えてしまって相手に取り切られる・・・。ハイボールという残り球が少ない状態で、いかに球を隠すかというのは難しいことだ。これができるのならば苦労はしない。そんなとき、TBさんからナイスアドバイスをもらった。TBさんもやっぱり残り球が少ない状態で手球を隠すのは難しいそうだ。もちろん手球と的球が近いなど、配置によってそれは変わってくるだろうが、ハイボールで入れが難しい球が回ってきたとき、実行していることがあるという。「的球を短クッションの中央に持って行く」というものだ。球を隠せないのだから、難しい配置にしてやればいい。そして入れが難しい配置というのは、的球と手球それぞれが短クッション際になる状態だ。もちろん、僕もそれくらいのことはわかっているので、そういうセーフティーを何度か試みた。ところが、大きく異なる部分がある。的球を短クッションの中央へ、ということに重きを置いているということだ。僕はどちらかといえば、手球のほうに意識が向いていた。そうすると、的球が穴前に残ってしまってピンチになることがある。手球が短クッション際のどこにあろうとも、的球が反対の短クッションの中央部分にあれば、それはものすごい難球になる。なるほど。この、的球を短クッション中央に残すという練習は、きっちりとやったほうが良さそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/21

テンポ

最近は、忙しくてあまり更新できていないのだが、「テンポ」ということに気をつけて球を撞くようにしている。実は、mixiのスギケンさんの日記で記載されていたこと。昔、いいテンポで球が撞けるとポケットできるので、このテンポについて気をつけていたのだが、いまはちょっと忘れてしまっていた。そもそも、このテンポというのは、抽象的でわかりにくい。テンポがいいから何? やっぱり真っ直ぐ撞かないと入らないんじゃないの? と思う。ところが、それは違う。テンポを気をつけるようになって気がついたのだが、やはりテンポがいいほうが、キューも出るし球も入る。そして何よりも気持ちがいい。

テンポがいいというのはどういうことだろうか? それは、プレーが早いとかそういうことではないと思う。要は全体的にテンポがいいのだ。テンポがいい曲が、すべてアップテンポだとは限らない。一定のリズムを刻むということになるのかもしれない。構えてから球を撞くまでが、ほとんど同じようなリズムで無駄がないのだ。この「無駄がない」というのが重要。余計な動きはテンポを悪くする。例えば、ビリヤードを始めたばかりの人が、しばらくすると撞くのが早くなっていることがある。そしてそれに伴って、ものすごく上達している。これは早くしようと意識してそうなったわけではなくて、全体的に無駄がなくなり、それで早くなったのだと思うのだ。テンポがいいというのは、無駄のない動きを指す。

ところがテンポというのは難しい。テンポよく撞く、だけれどきちんと狙ったり、キューを真っ直ぐ出すというのは必要だ。球を狙ってから構えてキューを真っ直ぐに出す。その中には、これまで気をつけていた、ヒジで狙う、グリップで撞くという要素も頭に入れておかなくてはいけない。そう、無駄をなくしつつ、これまでと同じ意識を保たなくてはいけない。ものすごく難しい。ゆっくりとじっくり何かをやるというのは、それほど難しいことではない。例えば、同じ仕事でも、時間をかければだいたいできる。それを無駄なく、いかにスピーディーにこなすか、そう、こういうことがテンポがいいなのかもしれない。だから、テンポのことばかり考えていて、全然狙いが定まっていないのにキューを出す、というのは最悪だ。僕はよく、このようなプレーをして球をトばしてしまう。特にこのミスが起こらないよう、最近は気をつけている。同じテンポで撞けるようになれば、きっと同じように真っ直ぐにキューを出せる。テンポというのは、ストロークがどうとか、狙う場所がどうとか、技術的なものを超えている。だからこそ、大事なのかも。なんというか、ちょっと感じるのは、だまされたつもりで、球が入らなくなってもテンポを忘れずに撞き続けてみようと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

ヒジだけどヒジじゃない

以前、「キューは真っ直ぐだ」の記事内で「ヒジで撞く」ということを記載したのだが、これが不調の原因だった。ヒジで撞くということを意識していると、文字通りヒジで撞いてしまうのだ。狙っている場所をヒジで撞こうとしてしまい、ヒジが動く。キューを出してヒジをたたむ際にヒジが動くというのはいいのだが、いきなりヒジが動いてしまっては問題だ。そのために、まったく明後日の方向に球をトばしてしまうことがあったのだ。

要は、ヒジで撞くというのは、ヒジで狙ってヒジで撞くような感覚で撞くということだろう。正しくは、ヒジで狙ってグリップ部分で撞くのだ。だから、最近はグリップで狙うということを意識するようにした。すると、以前のように入れやすくなった。ヒジで狙って動かさない。そして、グリップ部分で撞くといい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/14

その一歩先

時間が空いてしまったのだが、9日はクラウドのB級戦だった。結果は決勝トーナメントの初戦敗退。なんというか、いつもの感じ。なんだかものすごく球が入らなくて、いきなり敗者側に回ってしまったときはどうなることかと思ったが、そこから勝ち上がって決勝に残れたという点は評価できる。でも同時に、そこから先に進めない弱さというか、もろさみたいなものも見えてきたように思う。

決勝の初戦は、どうもリズムに乗れなかった。というか、この日はすべてリズムに乗れなかったのだが、特にこの初戦はダメだった。調子が悪いなりにきちんと狙って、それなりに球は入れていたと思う。ただ、要所でミスが出てしまうのだ。ミスというよりも、無理して落ちていくパターン。例えば最初のラック、難しい7番を入れる。ところが、8番遠くなってしまう。その8番をなんとか入れるが、9番に対して薄くなってしまってトばしてしまう・・・(下図)。そしてこの9番を落とされて1セット失う。実は次のセットも、8から9の出しで手球が走りすぎてしまって、手球とクッションで9番を挟んでしまうという最悪のかたちに・・・。結局こちらも相手に献上。意味なし。

060711

その後は、いいところなく、スコ負けしてしまった。ただ、最初の2ラックで、どちらかの9番を落としていれば、流れは変わっていたかもしれない。ただ入れることだけを考えてしまって、その先の手球のコントロールができなかったのだ。「入れる」「出す」というのは、もう当たり前のこと。どう入れるか、どう出すか、という部分まで考えないと勝つことはできない。これから先、レベルを上げていくためには、この一歩先の意識の持ち方が影響してくるように思う。そうやって考えると、普段の取り切り練習などで、安易に撞いてしまう球が多すぎるような気がする。もっと練習の質とか意識を高い場所に持っていく必要があるなぁ。いい加減な性格から直さないとダメかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

腹筋

スポーツに、リラックスは大事だ。力は入りすぎていると、いいプレーができない。もちろん、これはビリヤードにもいえることだろう。が、ビリヤードの場合はちょっと違うような気がする。力を抜いてリラックスすることは、すごくいいことなのだが、それはストロークする腕が・・・という条件が付く。その他の部分は、動かさないように適度に緊張しているほうがいい。

普通の力で、ただキューをスッと出すショットのとき、なぜかトばしてしまう場面が多かった。その理由のひとつに、リラックスし過ぎているというのが挙げられる。ストロークする腕、僕の場合は右腕の力が抜けてスムーズに出ていることはいいのだが、その他のブリッジを組む左腕とかそもそも体の上体とか、そうした動かしてはいけない部分もリラックスしてしまっているのだ。そのため、ストローク時にきちっと固定されず、キューが真っ直ぐ出ていない。昔、強めに撞く際、腹筋に力を入れたほうがいいと記事にしたのだが、こうした普通のショットでも腹筋に力を入れておくとうまくいく。適度に体が緊張するのだ。まぁ結局、要はどんな球も気を抜かずに撞けということ。リラックスという言葉でうまく表現しているだけで、ただ単に気が入っていないということなのだろう。そのスイッチを入れるという意味でも、腹筋に力を入れるというのはいいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

ハチミギG1で学んだこと

土曜日は、ハチミギのG1だった。結果は、決勝トーナメントの初戦敗退。まぁ、頑張ったほうかな。予選では、最終戦で武蔵小山撞球隊のBOSSさんとの対決だった。ここで、BOSSさんとある「賭」をしたために、かなり気合いの入った試合。この試合、なぜかチビることがほとんどなく、ほぼイレイチで勝利を収めた。4先だったのだが、あのBOSSさん相手にノーハンデで勝てたということは、ものすごい自信になった。内容は褒められたものではないけれど、これから試合で厳しい場面を迎えたりしたら、このゲームを思い出すことにしよう。

ところが、決勝トーナメントの初戦でまたBOSSさんとの対戦になってしまった。なんとクジ運の悪い・・・。決勝あたりで当たっていれば、気分的にも違っていただろうが、いきなりはホント嫌だった。さすがに2度は負けてくれないよなぁ・・・と、半分弱気。結局、負けてしまったのだが、それでもいい感じのゲームはできていた。でもやっぱり振り返ると、大きな差があると感じた試合だった。象徴するのが、最初のセット。6番から7番へは、手球が隠れてしまう可能性があったので、やや強めに走らせる選択。そのため、7番に対して、思ったよりも薄くなってしまった。ただ、ここまでは予定通りといえば予定通りだ。問題は、次のショット。7番から回して8番に出そうとした際、手球がスクラッチしてしまったのだ(下図)。このショットの選択も間違っていなかったと思う。ただ後悔してしまうのは、引きが甘かったということだ。小手先だけで入れにいってしい、うまく手球に引きの回転が乗らなかった。

060701

このセットだけではなく、小手先で入れにいってミスする球が多すぎた。手球を2ポイントほど引いて戻さなくてはいけない場面で、引きに意識が向いてしまいすぎて的球をトばしてしまうなど・・・。こうしたショットのすべてで共通するのは、ヒジで狙っていないということ。問題はここだ。これまで、練習などでさんざんヒジで狙って球を撞くようにしていた。そのため、入れもアップしたし、入れられるという自信も付いた。ヒジで狙えばキューも出る。それが、ここぞという場面で冷静さを欠いてしまって忘れてしまい、小手先で入れにいってしまうのだ。もっと試合慣れしないとダメだなぁ・・・。

そしてBOSSさんのプレーを見て、大きく差を感じた点は、確実な出しという部分。僕の場合は、入れられるけど、ちょっと難しい位置に手球が出てしまって、そこからまた頑張って入れて、頑張って入れて、頑張って入れて・・・という感じ。もちろん、それはそれでいいのだと思うし、「入れ」こそが大事だと信じて撞いている。ただ、それではもっと上に行けないのだ。BOSSさんの場合は、手球がいいポジションに出ている。そして、そこから常にいい位置をキープする。素晴らしいのは、それがハイボールになればなるほど、精度が高いということだ。見習わなくては。

試合後、BOSSさんに「以前よりも入れが強くなった」と言われてうれしかった。いや、入れ自体はそれほど変わらないのかもしれないが、試合やゲームの中での入れミスはものすごく減ったように思う。BOSSさんには、決勝トーナメントで負けてしまったし、まだまだ差があると感じた。でも、もう一歩先に進めば、もっといい勝負ができるようになるかも、という可能性も見えてきた。以前は、そんなものはまったく感じなかったので、少しはレベルアップしているのだろう。

最後に
「私アライは、BOSS殿と同じテーブルに着くことさえ恐れ多いレベルの人間でありました。たった一度の勝利に有頂天になるなど、勝負事がわかっていなかったと反省しております。私なぞとの対戦で、BOSS殿の貴重な時間とストロークを無駄に使わせてしまい、申し訳ありませんでした。ここに謝罪いたします」
2006年7月1日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »