« 環境 | トップページ | 日光田母沢御用邸 »

2006/08/22

引きよりも押しかな

なんと、ほぼ1週間ぶりに球を撞いた。しかも、1週間前はほんと小一時間といった感じだったから、いつ以来だろう・・・。とりあえず、こんなに期間を空けたのは記憶にないくらい球から遠のいていた。これまでだったら、きっと、フォームがどうとかストロークがどうとか、細かいところをチェックしただろう。しかし、いまは基本的にはイメージで入れる感じなので、ブランクとかも気にならない。実際撞いてみても、それほど入れや出しに影響が出ているとは思えない。ただ、ちょっと短かったり、ちょっと長かったり、イメージとズレる部分はあった。なんというか、新ラシャとか合わないけれど、それに近い感じ。とはいっても、全体的には1週間前とあんまり変わらず撞けている印象。何年も長いことやってるものなんだから、1週間やそこらで変わるわけないんだよなぁ、ホントは。

さて、取り切り練習をしていて、気がついた配置があった。クッション際のサイドポケット付近の球。この球、最も入れるのが難しい。で、この球に対して、手球のフリはよかったのだが、ブリッジを組む場所にもキューが通る場所にも邪魔な球があった。結局、この球を引きで入れにいってトばしてしまった。結構、無理な立てキューだったかも(下図:黒線)。何度か挑戦してみたが、この球は入れが難しいだけに、ちょっとでもキューを立ててしまうと安定しない。そこで、引きはやめて押しで入れるようにしてみた。すると、入れが安定する。キューが真っ直ぐに出るからだろう。ポジショニングできる幅は狭くなるが、まずは入れだと考えるので、こちらの選択のほうがいいかな(下図:青線)。最近は、イメージで入れもアップしているため、どうもこういう立てキューなんかも頻繁に使ってしまう。立てて引いたり・・・。しかもそれがいい感じで入ることは多い。だが、いざというときにミスをして、相手に取り切られてしまうことも考えられるのだ。やっぱり普段から、こうした不確実なものは極力抑えるようにしなくてはいけない。どこまでがよくて、どこまでがダメなのか、しっかりと見極めていこう。

060822

|

« 環境 | トップページ | 日光田母沢御用邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/11557900

この記事へのトラックバック一覧です: 引きよりも押しかな:

« 環境 | トップページ | 日光田母沢御用邸 »