« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/26

細かいミス連発

土曜日の話なのだが、クラウドのフリータイムに行ってきた。実は、この日は丸一週間ぶりの球撞き。こんなに開けたの、3年ぶりくらいかも。撞いてみると、相変わらず球は普通に入るし、それなりに取り切れる。だけど、ちょっとしたミスが多い。例えば、球の転がりが2つぶんくらい足りないとか・・・。特に引きすぎが目立った。キューの出がいまいちコントロールできないのだ。出さなくてはいけないところで、キューが出なかったり、逆に出さなくてもいいところで出過ぎてしまったり・・・。こうした微妙なタッチの差というのだろうか、そういうものが積もり積もってしまう。だから、一見するとそれほど変わらないように撞いてはいても、結局、マスワリが出ていなかったりといった結果が生まれてしまう。

そしてもうひとつ。ものすごく疲れる。1週間ぶりで、その前は2時間ほどしか撞いていない。フリータイム+2時間の7時間という長丁場は1カ月ぶりくらいになるのか? というわけで、後半は疲れてしまってしんどかった。これじゃぁ、ダメだな。特に試合なんかの集中力に影響してくるかも。というわけで、少しまた気合いを入れ直して練習しようかと思う。できるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/15

撞いていないと

球を撞く時間が減っても、いざ撞き始めれば球は入るし、結構取り切れる。パッと見というか、全体的な感覚はいつもと変わらない。ただ、やっぱり撞いていると違うなぁ・・・と感じる部分がある。それは、体力的なもの。最近は、撞き終わった後、右肘とか足が痛くなる。疲れてしまっているのだ。そういえば、前回のB級戦も、後半はかなり疲れてしまっていた。こういう体力的なものは、撞いていないと失われていくのだろう。そしてもうひとつ、なかなか自分のペースに持って行けないというものがある。自分では、リズムよく、いい感じで撞けているように思うのだが、実はしばらく撞いているともっともっとよくなる。そのいい感覚になるまでに時間がかかってしまうのだ。キューが出てくるまでに時間がかかる。でもこれはどちらかといえば気持ちの問題もあるのかも。あまり撞けていないという気持ちが、自信の喪失につながってキューの出を悪くする。スタートからトップギア。以前、ここで記載したような気がするが、こういう気持ちで撞き始めるよう、心がけるといいのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/11

久々のB級戦

日曜日は、クラウドのB級戦に出場した。2カ月ぶりかな? クラウドに行ってみると、参加人数が多くてビックリ。61名だそうだ。最近、何度か記載しているが、ここのところきちんと球を撞く時間が取れていない。といっても、そこでフォームがおかしくなるとか、入れが悪くなるといったことは感じない。ただ、手球の動きの微妙なズレが生じるような気がしている。一応、球を入れ続けることはできるのだが、なんか微妙に手球の感覚が合わなくて、気持ちよく撞けないのだ。さて、そんな状況で望んだB級戦、結果は3位タイだった。予想以上にいい成績だった。まぁ、流れとかそういうものに恵まれすぎたところはあったけれど、それでも3位タイはうれしい。球が撞けていないから、すごく自信があるという感じでもなく、キューもあまり出ていなかった。そこをうまいことゲームを運んで、勝っていけたような気がする。ところどころで、ありないミスが出没したけど、それでも全体的にはいいゲームをしていた。

またまたなのだが、敗れてしまった相手の人が優勝した。うまかった。でも、それでも何度もチャンスはあった。最も悔やまれるのは、最後のセットの6番(下図)。相手が5番を入れミスして回ってきた配置。サイドポケットをまたぐような球は、やや引きを入れてやらないと入るイメージがつかめない。難しいところだったが、入れを重視してやや引き気味に5番をポケット。イメージとしては、もっとクッションから横に走って、6番に出していく感じだったのに・・・ものすごく薄くなってしまった・・・。ここはもっと引きを入れて、6番はサイドポケット狙いでもよかったかな。で、この配置でものすごく迷った。このとき、なんというか入れには結構自信が持てていて、この6番は入れられると思っていた。ただ、構えて考えてみても、手球がサイドポケットにスクラッチするイメージしかわいてこない。そこでセーフティーも考えた。3回構えなおした。で、結局、入れられると思っているのにセーフティーを選択して失敗するのは後悔すると考え、入れにトライ。そして案の定、入れてスクラッチ・・・頭悪い。強めに撞いてガコガコサイドポケットから出てくるようにしたのだが、キレイにポケットに吸い込まれてしまった。そしてそのまま取り切られて負けてしまった。

060911

それなりに撞けてはいたけれど、ミスはすごく多かったように感じる。それも、隠れるコースに球を走らせてしまったり、ミスキューしたりと、ちょっと気をつければ防げるもの。なんか球を撞いたあとに体がしっかりと定まらない。わかっているのだけれど、やっぱり動いてしまう。それがミスキューなどにもつながっている感じがする。もっとしっかりと落ち着いて撞くイメージを持たないとダメかもしれない。その微妙な動きは、入れの安定を悪くするだろうし、手球の動きも変えてしまうだろう。撞く時間が取れないのだから、もっと基本をしっかりと練習しようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/07

筋肉痛・・・なのか?

最近ずっと咳をしている。風邪をややこじらせてしまったようだ。で、この咳をしすぎたせいなのかどうか原因は不明だが、右の脇の奥が痛い。なんとなく筋肉痛に近い痛みだ。あばらの奥が痛むのだ。とうとう肺をやってしまったのか? と病院でレントゲンを撮ってみたが異常なし。とりあえずは薬をもらって様子を見る。この痛み、前屈みになる、左手を伸ばしてストローク姿勢に入る、キューを降り出す、すべての動作で痛い。困ったものだ。実際に撞く瞬間は、球のほうに集中しているのか、痛み自体はそれほど感じないのだが、やっぱり構えるまでの動作中に違和感があるというのはやりにくい。しかも、最近あまり撞いていなかったせいか、ちょっと強めのショットを連発したら、右腕を握る際に使用するところも筋肉痛になってしまった。ビリヤードって、実は思っているよりも筋肉使っているのかもなぁ・・・なんて実感したり。なまった体を戻さないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »