« 連休の球撞き | トップページ | A級 »

2007/08/24

【再開】球撞きを愛する人々へ

最後の記事の日付を見ると、去年の10月10日。ざっと318日間が経過している。そしてこの間、多くの人から、「ブログ更新してませんね。残念です」「ブログの再開を待っています」という言葉をいただいた。素直にうれしい言葉だ。ブログは更新していなくても普通に球は撞いていた。そう、別にビリヤードが嫌いになったとか、ビリヤードをやめたとかそういうわけではない。ぶっちゃけ、仕事も忙しくなったしいろいろと大変だったし、更新が面倒だった。日本初のビリヤードブログというプレッシャーもあった・・・かな? 実はこのブログ、ブログというサービスがスタートしてすぐに開設したもので、あの真鍋かをりとか、ショコタンのブログよりもずっと先輩。「ココログオフィシャルガイド」なる本にも紹介されていたりする・・・というちょっぴり自慢話はどうでもよくて、要は、「日々の更新作業に疲れた」わけだ。情けない。

突然だが、ビリヤードの魅力ってなんだろう? もちろん、それはプレーヤーそれぞれ異なるものを挙げるだろう。例えば、「難しさ」「球を取りきる楽しさ」「イメージ通りに球を運べたときの快感」などなど、いろいろとあると思う。でも、その魅力は実際のプレーとか技術だけではないのだ。きっとそれだけを追い求めていたり、そこだけに楽しさを感じてしまっていると、ある時に冷めてしまう。直接的な原因ではないのだが、僕がブログの更新を面倒だと思ってしまったのも、そうした「冷めた」部分を感じてしまったからなのかもしれない。球に冷めるというよりも、球に対して多くの時間を割くということに冷めたのだ。そしてまた同じ言葉を繰り返すわけだが、ビリヤードの魅力ってなんだろう? 最近、特に感じるのは、「人とのつながりの心地よさ」なのでは? ということ。「球を一緒に撞く」。それだけで、まったくしゃべったことのない相手同士が、何時間でも球を通して会話ができる。これってすごいことだと思うのだ。

それなりにビリヤードを長く続けていて、実力もある程度付いてくれば、自ずと周りに知り合いのプレーヤーも増えてくる。こちらから声をかけて増やしているわけではなく、ただ球を撞いていれば、顔見知りになるプレーヤーは多いのだ。そして、その人がどういう人か、どういう仕事をしているのか、どこに住んでいるのか、といったプライベート情報をまったく知らなくても、球屋で会って挨拶を交わす。時間があれば一緒にプレーする。この、それぞれの領域にはまったく踏み込まない微妙な距離感が、「人とのつながりの心地よさ」を生み出しているのではないだろうか? もちろん、そこから仲良くなるプレーヤーもいる。だけど、そうしたプレーヤーも顔見知り程度のプレーヤーも、球を撞いたら同様に楽しいのだ。いや、それぞれに違った楽しさを見いだせるのだ。相手がうまいとかヘタとか、A級だとかビギナーだとか、金持ちだとか貧乏だとか、年上だとか年下だとか、見越しがあるとかないとか・・・まったく関係ない。必要なのは最低限のマナーだけ。それだけで十分に、誰とでも楽しめるものがビリヤードだと思うのだ。

周りを見渡せば、このビリヤードの魅力を多くの人に伝えようと、頑張って活動している人たちがいる。きっと、この人とのつながりという面での魅力に気が付いている人たちなのだろう。なんだかすごく尊敬する。ビリヤードを多くの人に広めたって、その人はプレーがうまくなるわけではない。きっと純粋に球の魅力を伝えているだけだ。そんなことを考えたとき、僕はまたブログを再開しようかなと思った。プレーヤーとして教えることはできないけれど、個人の主観ではあるが、僕が思うビリヤードの魅力を伝えることはできる。ビリヤードを始めたばかりのプレーヤーが、そこに共感してくれて、球を続けてくれるかもしれない。それがたとえわずかな人数でも、やっぱりそこには意味があるだろう。なんだか偉そうだが、これからも球撞きを楽しんでいきましょう!


関連記事

|

« 連休の球撞き | トップページ | A級 »

コメント

初めまして。
中断する前から見させてもらっていました。
中断してからもいつか復活するんじゃないかとたまに覗いていました。
再開されるようでうれしい限りです。
これからも応援していますのでがんばってください。

では。

投稿: はんじ | 2007/08/26 23:01

ありがとうございます!
頻繁に更新・・・とはいかないと思いますが、これからもよろしくお願いいたします!

投稿: アライ | 2007/08/27 11:53

いつの間にか更新していたんですね、気づきませんでした。
お互いよく顔を合わせるけれど、相撞きはほとんどしてませんね。
いつかまた、お願いしたいと思います。
是非勉強させてください。

投稿: スナイパー | 2007/08/27 13:33

あ、ついこないだから更新スタートです。相撞き、ぜひお願いします!

最近は微妙に時間が合わなかったりしていますが、いつでも声をかけてください!

投稿: アライ | 2007/08/27 14:27

お~ついにブログ再開ですね!
楽しみにしています!
アライさんと撞く時は、ブログネタになるよう頑張ります♪

投稿: Nた | 2007/08/30 02:26

いやぁ・・・それ以上頑張ると勝てなくなるので、お手柔らかにお願いします。

投稿: アライ | 2007/08/30 20:03

通りすがりのものです。
全然うまくないC級ですが、楽しくて一人でもビリヤード場の隅で撞いている者です。

うまい方にこう言っていただけるとうれしいですね。
やはり、うまくないとなんとなく肩身狭く感じるときもありますが、A級の方にこう思ってもらえてるんだ、と思えると少し楽になります。
ビリヤードが好きだという点では同じですからね!
ぜひ、これからも更新して、C級にもわかる内容も載せていただけたらうれしいです!

投稿: kyy | 2007/08/31 08:22

みんな最初はビギナーだったんです。うまい人も、絶対に苦労してうまくなっています。だから、ビギナーの人の気持ちとか悩みとか、結構わかっていたりするんですよ。これからも、ご期待に添えるよう、頑張っていきます。

ビリヤード場で、うまい人に声をかけて一緒に撞いてもらうと、きっとビリヤードの世界が変わってくると思います。機会があったら、声をかけてみてはどうでしょう? これからもどんどん、ビリヤードにハマってください。

投稿: アライ | 2007/08/31 12:41

お久しぶりです。
しばらく更新しなかったので、ブログは辞めたのかなと思って全然見ませんでしたが、復活おめでとうございます。

これからもちょくちょく拝見させて頂きますので、大変だと思いますが更新頑張ってください。

投稿: 卓也 | 2007/09/21 12:51

ありがとうございます。
更新頻度は減ると思いますが、よろしくお願いします!

投稿: アライ | 2007/09/21 14:56

ご無沙汰しています。リンク張っていただいていますMARUです。サイトを引っ越しましたので新しいアドレスをお知らせします。どうぞよろしくお願い致します。
#子供が生まれて全然突きにいけないですがチャンスをうかがっている毎日です(W

投稿: MARU | 2007/10/06 22:01

あ、了解です。
いつか、お子さんと一緒に撞けると、2倍3倍楽しいでしょうね。

投稿: アライ | 2007/10/09 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/16224344

この記事へのトラックバック一覧です: 【再開】球撞きを愛する人々へ:

« 連休の球撞き | トップページ | A級 »