« 一石三鳥な練習 | トップページ | ロングドロー »

2007/09/14

嫌な配置

ネクストを考えたときに、絶対にやってはいけないポジショニングというものがある。的球を入れるのは簡単だけれど、出しが難しいようではそれはミスと呼ぶしかない。例えば、真っ直ぐの配置になってしまって、ロングドローでしか出しがない・・・というのはありがちなパターンだ。さて、そんなやってはいけないものの中でも、最もありがちでしかも難しいのが、センター付近の球をサイドポケットに入れる場合だろう。この配置で厚めの逆フリにしてしまうのは、最悪中の最悪だ(下図:1)。例えば、すでに多くの球をポケットしていて手球を走らせる方向に邪魔な球がなければいいが、もし球が残っているようなら、それを避けてポジショニングさせ、しかも手球を走らせるために強めに撞くというのはリスクが多き過ぎる。

070914

実はこのセンター付近の球、個人的にものすごく嫌いだ。厚めの逆フリがダメなのはもちろん、土手撞きになってもダメ。それが順フリの厚めならばいいが、逆フリはもちろん、順フリでも薄くなってしまうと厳しい(上図:2)。入れが難しいだけでなく、スクラッチの危険性も発生する。そのため、僕は手球をあまり走らせることなく、ポジショニングできる自信があるときはセンター付近の球をサイドポケットにねらうが、それ以外はコーナーをねらうことが多い。ある程度距離があっても、コーナーのほうが入れやすい。配置によっては、コーナーをねらうほうが簡単にポジショニングできることは多い。ただし、ここにも問題は生じる。押しで出せる場所に手球を持っていっても、それが微妙に薄かったりすると、サイドポケットへのスクラッチが見えてしまうのだ(上図:3)。そう、このセンター付近の球は、本当に微妙なポジショニングが必要になる。そしてネクストが短クッション付近だとなおさらだ。だから、この配置を見つけてしまうと、ちょっと慎重になるようにしている。が、その慎重さのために、2つくらい前の球でトばしてしまうことも多いのだけれど・・・。


関連記事

|

« 一石三鳥な練習 | トップページ | ロングドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/16446630

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な配置:

» ゲームの日 [I want love you …]
色々なゲームをした日です。-------------------------------------------------------------------------------- 私の中の勉強という概念はどこかに吹き飛んだのでしょうか? 昨夜も眠れず、最後に時計を見たのが4時を回っていたのは確かです。窓の外が明るくなり始めていたのも忘れていません。それで... [続きを読む]

受信: 2007/09/16 12:38

« 一石三鳥な練習 | トップページ | ロングドロー »