« ロングドロー | トップページ | クッション際の厚めの球 »

2007/09/25

押しだけでベストポジション

残り4球。しかも、手球はいいフリを確保したベストな位置。でも、難しい配置・・・(下図)。次の7番に対して、絶対に逆フリになってはいけない配置だ。そもそもどこにポジショニングしても、7番はポケットから遠いので入れが難しい。そして、8番への出しが厳しくなると、さらに無理な入れを要求される。また、8番と9番がここまで近いと、8番へのポジショニングが薄くなった場合に、手球を走らせる必要が出てきてしまう・・・。ここまでうまくいっていたとしても、すべてをぶちこわしてしまう可能性がある配置なのだ。本当に嫌な配置。で、取り切り練習のときにこの配置になって困ってしまった。結局、選択したショットは、逆押しにして切り返して出すというもの(下図:青線)。が、このショット、入れを重視して弱めになってしまうと、7番に対して遠くなってしまう。かといって強めに手球を走らせようとすると、入れが安定しないばかりか、ヒネリが乗りすぎたりすると手球がかなり走って、7番に対して逆フリのポジショニングになる可能性が高い。というわけで、順引きでサイドポケット狙いのポジショニングも試してみた(下図:黄線)。が、これはコントロールが難しい。サイドスクラッチもあるし、回避したとしても逆フリになる可能性が高い。また、このショットもちょっと強めに撞かないと手球が走らないので、入れが不安定になる。手球をクッションから真横に走らせてバタバタっぽく出せれば理想なのだが、的球がクッションからやや浮いた状態は、このバタバタの角度がうまく調節しにくい。思うよりも戻ってしまったり、向こうにいってしまったり・・・。

070925

さて、いろいろ試してみた結果、僕はただの押しで出す方法が最も入れやすくて出しやすいとわかった(上図:黒線)。入れはまったく問題ないし、ヘッドスポットを超えるイメージくらいの力加減で押してやれば、スーッと手球が出てくれる。ちょっと7番に対して薄くなっても、入れ、出しともになんとかなるレベルだろう。何よりも、押しだけなので力加減がやりやすいのだ。実はこれに似た配置は、結構出くわして、その都度逆フリにしてしまい頭を抱えることがある。この押しだけのポジショニングは、覚えておいて選択肢のひとつとして引き出せるようにしておこう。


関連記事

|

« ロングドロー | トップページ | クッション際の厚めの球 »

コメント

アライさんこんにちは。いつも勉強になります。

自分も試してみました。
3つの選択肢の中ではやっぱり押しだけの方法が一番安定しました。
ひねりってついつい安易に使いがちですよね。


ところで色々試した結果なんですけども。
実は、軽く1ポイント程度引いて、⑦に厚めに出し、⑦を押しで入れて⑧に出すというのが一番簡単で失敗しませんでした。
こういう選択肢はないですか?
微妙に配置が違うのかな。。。

投稿: はんじ | 2007/09/30 00:25

なるほど! もちろん、それもありですね!
ただ、このときの配置は、そのまま引いて
7番に厚めに出すには
ちょっとフリがきつかったような気がします。
でも、できるだけ手球は動かさないほうが、
入れも出しも安定しますよね。
こういう細かいところでの判断は大事だと思います。

ありがとうございます。

投稿: アライ | 2007/10/01 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/16570143

この記事へのトラックバック一覧です: 押しだけでベストポジション:

« ロングドロー | トップページ | クッション際の厚めの球 »