« 嫌な配置 | トップページ | 押しだけでベストポジション »

2007/09/20

ロングドロー

最近はロングドローの練習に余念がない。以前紹介した、手球をセンターに置いた引き球の練習も続けているが、実際に的球2ポイント、手球を反対の2ポイントに置いたロングドローも練習している(下図)。これ、本当に難しい。この球をスパンと軽く撞いて戻してこれる人っているのだろうか? 無理に力を加えると入れが安定しないし、入れようとしてキューを軽く出すと手球が戻って来ないし・・・。よく、ドローショットは下の撞点を突き抜くだけと言うが、それは正しいと思う。でも、このロングドローに関してはちょっと違うと思う。下の撞点をきちんと撞いて、キュー出しもちゃんとして入れもスパンと決まる、という状態でも手球は元の位置くらいまでしか戻って来ない。きっと、そこにプラスアルファを加えて、ロングドローは完成するのではないかと思うのだ。というわけで、とにかくこの配置で手球を手前の短クッションまで戻ってくるよう練習してみた。

070920

当たり前のことだが、力任せに撞いても入れが安定しないだけでなく、手球はキレイに戻って来ない。だからといって通常のストロークでは限界がある。試行錯誤していたら、ややグリップ位置を下げると、引きのキレがアップするとわかった。キューの出が長くなるのだろう。また、少し手球をジャンプ気味にしたほうがいい。通常の構えで、下の撞点を撞く感じだ。真下ではミスジャンプしてしまうが、やや上にすれば大丈夫。しかも、撞点が中心に近いぶん、入れも安定する。まぁ、これは気持ちジャンプ気味というもので、ものすごくキューを立てるとか、そういうわけではない。

そして、ここが今回の練習で最大の発見なのだが、ブリッジ位置を手球に近づけるといい。球のキレをアップさせようとか、手球を走らせようとか思うと、ブリッジを遠目にしてキューが振れる距離を長くしてしまいがちだ。もちろん、これはこれでキレのアップなどにつながるが、入れが安定しなくなる。ロングドローなどの入れが難しい配置では、ここを短くしてまずは安定させることが大事。そして、実はこの状態でスパンと一気にキューを出したほうが、キレがアップする。試行錯誤&練習のかいあってか、いまはときどき手前の短クッションまで手球を戻せるようになってきた。もちろん、入れは安定している。短クッションまで戻らなくても、だいたい元の手球の位置、いわゆる「頑張った十分」くらいまではもどせるようになった。さらにこの練習を通して、発見したことがある。例えば、弾く球など強めに撞きたいときも、このロングドローと同じように、ブリッジ位置を近めにして一気にキューを出したほうが安定する。これまで、よくトばしてしまっていたこれらの球の攻略法がなんとなくわかってきた。あ、そうそう、なんとなくブログに苦手な球アンケートを付けてみので、興味がある方は投票をお願いします。


関連記事

|

« 嫌な配置 | トップページ | 押しだけでベストポジション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/16512227

この記事へのトラックバック一覧です: ロングドロー:

» 現役グラビアアイドルがAVデビュー発覚! [動画日記]
その娘の名は 『橘 裕美』 って誰やねん!! 元グラビアアイドルを売りにして AVデビューする娘は最近多いが 彼女はアイドル時代の事を伏せて ひっそりとAVデビューしたのだ! [続きを読む]

受信: 2007/09/20 18:46

« 嫌な配置 | トップページ | 押しだけでベストポジション »