« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/25

体を動かさない

球を撞くときは体を動かさないこと。なんて書くと「当たり前だよ」とか言われてしまいそうだけれど、実際にどんな球でも体を動かさないで撞けている人ってどれくらいいるだろうか? 上級者でも、見ていると小刻みに頭が上下していたり、撞いた瞬間に微妙にヘッドアップしていたり・・・。そう、とっても難しいことなのだ。でも、やっぱり体が動いてしまうとトばす危険性が高くなるから、なるべくなら動かさないほうがいい。急になぜこんなことを書くのかと言えば、体を動かさないで撞く人を見つけたからだ。それは、土方Pだ。

昨日、久々に平日の昼間のクラウドに。土方Pがやってきたので、そのプレーを見ていたのだが、とにかく体がピタッと止まっていることに驚いた。そして、それをマネするように、腹筋に力を入れて体を固定して真っ直ぐ撞こうということを意識するようになったら、球が入るようになった。コレだ! でもそれはやっぱり意識しないとダメで、気が抜けてしまったり、相撞きなんかになると忘れてしまって体を動かしてしまう。いや、自分で自分を見ていないからわからないけれど、きっと微妙に動いてしまっている気がする。意識して、きちっと体を止めている必要があるのだ。そして土方Pに相撞きしてもらったのだが、いやぁ、あまりの実力の違いにビックリ。7−5と2つハンデをもらったのだが、それでも100戦やったら100敗するくらいの感じがした。しかも、そんなに真剣に撞いているわけではなく、きっと練習のひとつとして相手してもらっている感じ。体を動かさないで撞くという、普通の基本が、本当にしっかりできているんだよなぁ・・・。基本がきちんとできていないのに、うまくなるわけがない。と、もっともっと基本をしっかりしようと考えを改めた。結構、簡単な球というのは、適当気味に体を動かしても入ってしまうことが多い。そして、早撞きなどもそうだが、パッパッと撞こうとすると体を起こすのが早くなる。1球、1球、きちんと撞く。なんか、ビリヤードを始めたころのような課題だけど、それすらできていないのだから「動かさない」というのを体に覚え込ませていくしかない。そうそう、土方Pも、「トばす球のときはやっぱり体が動いていた」「毎回反省して動かさないようにしていました」「それを繰り返していけば動かなくなりますよ」とのこと。ビリヤードって、「繰り返す・・・」ことが上達に不可欠なんだよな。

続きを読む "体を動かさない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/23

タップ交換

早撞きになってしまうと、パッと構えてから狙いを定めることがある。その状態でいくら真っ直ぐにキューを出そうと思っても、きちんと真っ直ぐに出ない。というわけで、球が入らず調子が悪かったわけだが、構える前の段階から狙いを定めて真っ直ぐを意識してやると、なんとなく球が入るようになってきた。まぁ、そんな調子の悪さを解消しようと、タップ交換をすることにした。実は、かなりタップが固くなってしまっていて、球離れが早すぎる気がしていた。

使用していたタップは、「モーリIIIのS」。それが、カチカチでほとんどQみたいな状態になっていた。固いタップは嫌いなので、本当はもっと早めに交換したかったのだが、時間もなかったし、まだ3ミリくらいは残っていたしで放っておいたのだ。でも限界、ということで新しいモーリIIIのSを購入して取り付け開始。古いタップをザクッと切り離して、新しいタップをアロンアルファーでくっつける。そうそう、その後のタップの縁を削る作業。ここで先角を傷つけてしまったという人は多いだろう。実は僕も昔はそうだった。よくタップの取り付け工程の紹介では、この縁を丸く先角に沿って削るとあるのだが、これだとやっぱり傷つけてしまう。もちろん、うまい人ならキレイにいくけれど、素人には難しい。ということで、お勧めは、先角の縁から真っ直ぐに飛び出ている部分だけを削っていく方法(下写真)。ちょっと鉛筆を削る作業に近いかな。これだと絶対に先角を傷つけることはない。この作業だと、タップの縁の部分がなめらかにならないが、作業後にキュッと締めればある程度なめらかになる。また、タップは使っているうちにどうせ縁の部分がふくらんできて、削る作業が必要になってくるので、あんまり気にする部分ではない。もちろん、なめらかじゃないから球が入らないなんてこともない。撞きながらふくらんできた部分を削っていくだけで、撞き締まってタップはキレイになっていくものだ。

071023

あ、タップを交換したら、なんか球のラインがイメージ通りになってきた。特に力加減がピッタリとあう。やっぱり固いタップだと、イメージよりもキレが出てしまったり走りすぎてしまったり・・・。これを機に、きちんと取り切れるようになればいいのだけれど・・・。

続きを読む "タップ交換"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/18

ヘタクソになってる!?

最近は忙しくてあまり練習していないけれど、だからといってまったく球を撞いていないというわけではない。ビリヤードを続けていると、球を撞く頻度はそれほど減っているわけではないのに、なぜか下手になってしまうことがある。それはフォームがどうとかキューがどうとか、さまざまな要因が重なって起こるのだろう。自分では、なぜ下手になってしまったのかわからない。そう、いま、そんな状態だ。だいたい半年に一回くらいのペースで、こうした状態になる。でも、実はそんなに下手になっているわけではないのかもしれないとも考える。やっぱり少し上達しているから、たまたまできていたことができなくなっただけで、実際はいまの状態が本当の実力なのかも。最近は慣れてしまっていて、まぁ、撞いていればそのうちまたいい球が撞けるだろうと待っている。

ビリヤードを始めたころは、こうした時期、本当に悩んだものだ。フォームを変えてみたり、同じ配置を練習したり、いろいろなことを試していた。でも、結局、解決の糸口などは見つからず、だいたいそのうち気持ちよく球が撞けるようになる。だから、スランプかな? とか思ってもあんまり気にならない。というよりも、「あ、これがいまの本当の実力なんだ」と思うようにしている。といっても、あまりにも取り切る頻度が低くて凹み気味。マスワリ・・・いつ出した? そうそう、どうも昔からの適当に撞いてしまうクセが抜けない。これがクセになってしまっていること自体が最悪だが、もっとすべての球を考えて撞くようなクセに直さなくてはいけないな。まぁ、もろもろ頑張っていかなくては。

続きを読む "ヘタクソになってる!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/11

ROOTS(セカンドステーション)

実家が橋本にある身としては、「BeParadise」がなくなってしまったことは非常に残念だった。と、そんな中、橋本に新たなビリヤード場を発見した。去年の11月にオープンしたそうだが、前をよく車で走っていたのに気が付かなかったよ・・・。ウェブサイトなどでの紹介もまだあまり大々的にされていないので、ウェブ検索なんかでも見つけることができなかった。そのお店は、「ROOTS(セカンドステーション)」といい、東大和にある「ROOTS」の2号店のようだ。場所は橋本駅からちょっと遠い、橋本五叉路の16号沿い橋本寄りにある(下図)。駅から遠いが、1階に駐車場があるので、車で行ける点がいい。もちろん、駐車場代はかからない。というわけで、さっそく足を運んでみた。


拡大地図を表示

2階にある店の入り口を入ると、目の前に受け付けがあり、向かって右側にダーツのスペース。そして左側にビリヤードのスペースがある。そう、ビリヤードをする場とダーツをする場が、同じフロアーにあっても空間的には完全に分かれているのだ。これはポイントが高い。台は全部でポケットが8台だったかな。現在まだ工事中で、3階が出来上がると、もっと台数は増えるとのこと。結構気に入ったのは、店内の雰囲気とか天井高やスペースの区切り方といった空間。飲食もできるし、ゆったりプレーできる雰囲気を持っている(下写真)。そうそう、入り口付近のショーケースには、タップなんかも並んでいるし、カウンターにはビリヤード関連の書籍が置いてあったりして購入できる。気になるテーブルコンディションだが、僕がプレーした台は、やや重たい感じ。ただ、クッションからの出方とか、ポケットへの球の入り方などはプレーしやすい印象を受けた。まだしっかりと撞いたわけではないので、今度改めて機会があったら撞きに来ようと思っている。3時間とか6時間のパック料金が用意されていて、3時間で1260円、6時間で2520円(ドリンク付き)だったかな。とても安いという値段ではないが、テーブルコンディションとか雰囲気を考えると、リーズナブルな設定だろう。というわけで、たまに遊びに行きたいと思っている。

071011

続きを読む "ROOTS(セカンドステーション)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/09

流れを止めない

土曜日は、ハチミギのG1だった。結果は・・・予選敗退・・・。とにかく、初戦のN田さんとの試合が痛かった。結構久々に悔しい試合だった。N田さんの調子がよく、僕のミスから取りきり→ブレイク後のセーフティーで僕がファールして取りきり→マスワリ・・・と3セット連取されたので、仕方がないといえばそうなのだが、それでもやっぱりミスが痛い。まず、最初のセットのミス。難しい1番を入れてマスワリも見える配置。その3番から4番の出しでミスしてしまった(下図)。ほかの球は省略しているが、それほどトラブルもなく、取りきるのも難しくない配置。4番にフリを付けよう&4番に近づけようと思ったら、手球が6番に隠れてしまったのだ。しかも、その後、ワンクッションから4番に当てられずにファール。そして取りきられてしまった。とにかく、ラインで隠す方向に手球を走らせていることがまず最悪だ。もっと余裕を持った手球の動かし方をしなくてはいけない。ここでマスワリを出していたら、流れはこちらに来ていただろう。ここで自分で流れを止めてしまったのだ。しかも、ファールという最もダメな結果。また、次にクッションから当てられなかったことも最悪。厳しい配置ならまだしも、それほど難しいものではなかった。どうも、この試合はクッションからの出方がイマイチつかみ切れていなくて、次のセットもクッションから当てられずにファールになってしまった。最初の試合ということもあるが、それでもしっかりとコンディションを見極めなくてはいけない。フリーボールを相手に渡すということは、ほぼ確実に流れを相手に渡したことになるからだ。

071009_01

さて、5−4のセットマッチで3セット連取されてN田さんのリーチ。次にN田さんが連マスで勝利・・・と思ったハイボールでトばして僕に回ってきてひとつ返した。このとき、流れはややこちらに傾きかけていたと思う。続くセットはとても大事な場面。慎重にブレイクして順番にポケットしていき、残り4球。7番と9番がトラブルになっていたため、それを崩したところで難しい配置になってしまった(下図)。ここでミスをしたらお終い・・・ということで、確実にセーフティー。しかも、手球を9番の裏にピッタリと隠すことができた。N田さんはこれをファールして取りきって2−3となった。流れは完全に僕のほうに来た。続くセットも途中のセーフティーがキレイに決まって、その後取りきって3−3に追いついた! と思った、ほぼ真っ直ぐの9番をトばして負けてしまった。9番を落としていれば、流れはこちらに来ていたため、まだ試合の結果はわからなかった。それなのに、なんでもない9番を慎重に入れることができずに敗れてしまったのだ。もっと全体的に、きちんとした試合運びが必要だなぁ・・・。予選敗退は、当然の結果かもしれない。

071009_02

続きを読む "流れを止めない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/02

穴に入ってる球は難しい

入れるのはものすごく簡単なんだけど、手球をコントロールするのがものすごく難しい配置・・・穴前の球。それが、ポケット前の本当の穴前だったら、逆に手球の動きがコントロールしやすく、練習して覚えておけばそれほど嫌な感じにはならない。問題は、「もう入ってるだろ」という、穴前ではなく穴中の球だ。かなり困る。ゲーム中、しかも残り3球の大事な場面で、その球が回ってきてしまった(下図)。多くの場合、僕はこの穴中の球を前クッションに手球を入れて取る。スーッと手球を走らせるのだ。ただ、今回の配置のように、手球がポケットに向かって真っ直ぐだと、前クッションで空振りする危険性が高い。また、たとえ前クッションで入れられたとしても、手球の動きがものすごく読みにくいだろう。いろいろ考えた結果、順引きでポジショニングさせることにした。ところが、思っているよりも厚めに入ってしまって、手球がまったく転がらない。9番に隠れてしまったのだ(下図:黒線)。この穴中の球、特にこうして手球が止まってしまうことが多い。しかも、的球に当たる厚みで、手球が走る角度、距離がまったく違う。本当にやっかいだ。ゲーム後、何度か同じ配置を試してみたのだが、順引きだといまいちうまくポジショニングできない。手球が走らずに同じような場所に止まってしまうか、薄めに入って手前に戻ってきてしまいスクラッチする。スクラッチを回避する場合も多いが、それでは確実な出しとは言えないだろう。

071002

最も確実に手球をコントロールできたのは、的球の左に入れて、逆ヒネリで走らせるというかたち(上図:青線)。結構、強めに撞いていい。厚めに入っても、スーッと手球が走ってくるイメージだ。もし薄く入っても、手球が死に気味になってあまり走らずにいいところに止まるし、走ってしまったとしても、スクラッチの危険はない。そうそう、この配置、9番がなかった、そんなに難しくはないだろう。ここに9番があるから、出しの選択肢が限られてしまうのだ。たった1球の場所で取り方が大きく変わってくる。だから似たような配置でも同じようには取りきれないし、取り切ることが面白いのだろう。

続きを読む "穴に入ってる球は難しい"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/01

クッション際の厚めの球

9月の最終土曜日が第5土曜日だったので、ビリヤードサークル「フォーレスト」に遊びに行ってきた。フォーレストの活動日は第1、3、5土曜日なのだが、ハチミギが第1、3と重なっているので第5土曜日がある月にしか顔を出せない。遊びに行ける回数は少ないけれど、こうやってたまにいつもと違う環境で撞くというのは気持ちがリフレッシュしていい。

さて、ゲーム中によくトばしてしまう配置がある。それは、クッションから少し(半ポイントくらい)浮いた球を入れて出す配置だ。ちょっと厚めになってしまうとトばすことが多い。結構薄めでも入れられる自信があるので、フリが厳しくなったときのほうが入れて出せる。だから、本当はやや薄めにポジショニングすればいいのだが、この配置、クッションからの浮き具合をきちんと確認していないのがいけないのだろうが、ちょっと厚めになってしまう場面が多いのだ。普通に入れれば、まったく問題ない配置だろう。ただ入れるだけだったら、ほぼ100%の確率で入れられる。が、これが反対のクッション際にある球に出すとなると話が変わる。手球を走らせようと、弾き気味になってしまい、トばしてしまうのだ。

で、ゲーム中にやっぱりトばしてしまった。特に手球がテーブル中央付近になって、体を前に乗り出すような場合だと、すぐに体を起こそうとしてしまってトばすこともある。入れるだけなら簡単だから、という気持ちで、あまり真剣に撞いていないのかもしれない。配置は簡単でも、難しい球というのはたくさんあるのだ。そして同じ配置がまた回ってきた(下図)。マスワリ中での配置。このポジショニングさえきちんとできれば、ほぼマスワリは確定だ。ということで、しっかりと構えて、弾くのではなくてキューをスッと長めに出すイメージで手球を走らせた。ブリッジも手球近くにして、より安定度を増す構えで望む。スーッとキレイに手球が転がり、7番にイメージ通りのポジショニングとなった。焦らずにしっかりと構えて、丁寧にキューを出してやれば、こういう配置でもキレイに手球を転がせる。要はどれだけ効率よく手球に力を加えられるのか、ということなのかもしれない。

071001

この配置のように、同じミスをしないというのは大事だと思っている。まぁ、きっと次に撞くときには忘れているのだろうが、同じ日は繰り返さない。それを続けていれば、きっと出しミスや入れミスなど、ミスが減っていくと思う。ポイントポイントで、自分はどこを気を付けたらいいのか、わかってくるようになるのだ。この日も、1台、なんか手球が滑るように走ってしまう台があった。最初はものすごく苦労したが、やや弱めに撞くようにしてうまく出せるように調整できた。ところどころで忘れてしまって、走りすぎる場面はあったが、それでも全体的には対処できていたと思う。技術や気持ちの部分以外の、こういう細かいところにまでプレー中に頭が回るようになってきたのは、ちょっとスキルアップしているようでうれしいかな。

続きを読む "クッション際の厚めの球"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »