« クッション際の厚めの球 | トップページ | 流れを止めない »

2007/10/02

穴に入ってる球は難しい

入れるのはものすごく簡単なんだけど、手球をコントロールするのがものすごく難しい配置・・・穴前の球。それが、ポケット前の本当の穴前だったら、逆に手球の動きがコントロールしやすく、練習して覚えておけばそれほど嫌な感じにはならない。問題は、「もう入ってるだろ」という、穴前ではなく穴中の球だ。かなり困る。ゲーム中、しかも残り3球の大事な場面で、その球が回ってきてしまった(下図)。多くの場合、僕はこの穴中の球を前クッションに手球を入れて取る。スーッと手球を走らせるのだ。ただ、今回の配置のように、手球がポケットに向かって真っ直ぐだと、前クッションで空振りする危険性が高い。また、たとえ前クッションで入れられたとしても、手球の動きがものすごく読みにくいだろう。いろいろ考えた結果、順引きでポジショニングさせることにした。ところが、思っているよりも厚めに入ってしまって、手球がまったく転がらない。9番に隠れてしまったのだ(下図:黒線)。この穴中の球、特にこうして手球が止まってしまうことが多い。しかも、的球に当たる厚みで、手球が走る角度、距離がまったく違う。本当にやっかいだ。ゲーム後、何度か同じ配置を試してみたのだが、順引きだといまいちうまくポジショニングできない。手球が走らずに同じような場所に止まってしまうか、薄めに入って手前に戻ってきてしまいスクラッチする。スクラッチを回避する場合も多いが、それでは確実な出しとは言えないだろう。

071002

最も確実に手球をコントロールできたのは、的球の左に入れて、逆ヒネリで走らせるというかたち(上図:青線)。結構、強めに撞いていい。厚めに入っても、スーッと手球が走ってくるイメージだ。もし薄く入っても、手球が死に気味になってあまり走らずにいいところに止まるし、走ってしまったとしても、スクラッチの危険はない。そうそう、この配置、9番がなかった、そんなに難しくはないだろう。ここに9番があるから、出しの選択肢が限られてしまうのだ。たった1球の場所で取り方が大きく変わってくる。だから似たような配置でも同じようには取りきれないし、取り切ることが面白いのだろう。


関連記事

|

« クッション際の厚めの球 | トップページ | 流れを止めない »

コメント

穴の中って嫌ですね。私もよく練習しました。
私が時々やるのは、下目を撞きながら(ドローショットでは無いです)的玉とクッションの角を使って出すというやつです。
感じとしては、的玉と角に同時に当てる気持ちで撞きます。(実際には的玉が先なんでしょうけど)
配置や台によって差はありますが、出てくる場所を調整するのが面白いですよ。

投稿: jodan | 2007/10/04 01:25

なるほど、出方を予測するのは難しそうですが、力加減は調節しやすそうですね。あとは、角に当てる勇気が必要かも。スクラッチが頭をよぎりそうです。その辺の勇気が僕には足りないもので・・・ちょっと練習してみますね。

投稿: アライ | 2007/10/04 13:31

こんばんは。ブログ再開うれしいです♪

さっき穴中な配置がまわってきまして、この取り方で助けられました。
普段は全厚からヒネリで調整して引いていたのですが、逆押しも即戦力になりました(笑)

投稿: こう | 2007/10/11 00:54

逆押しのほうが、結構キレイに球のラインが出るような気がします。どうでしたか?

こうさんがいろいろとスキルアップしてしまうと、今度行ったときに勝てなくなってしまうかもしれないので、ほどほどにお願いします。

投稿: アライ | 2007/10/11 13:58

ラインでいうと、私の場合は2クッション目が青ラインみたいに立たないので、もっと走らせて更に短長といれて使ってます。
ただこれだと手玉は台中央~ロングで厚目にネクストされるので、
近めで厚目にしたいときは、逆下で撞いて先玉から当てて短短を使ってます。
(どちらも手玉を走らせているので障害物が多いと難儀ですけどね。)

どちらにしろ、先玉当てたあと角を確実にかわせる深さなら、直引きよりも今回の取り方は手玉に優しくて好きですよ。

投稿: こう | 2007/10/12 11:33

穴に入っている深さで、取り方とか手球の走り方はまったく違って来ますからね。でも、どんな方法にしろ、手球に優しいというのは重要だと思います。

投稿: アライ | 2007/10/12 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/16640298

この記事へのトラックバック一覧です: 穴に入ってる球は難しい:

« クッション際の厚めの球 | トップページ | 流れを止めない »