« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »

2007年11月

2007/11/20

ポジショニング基礎練習

シャフトをACSS PROにしてから、細かいラインの違いでポジションミスすることが多くなった。そこで、ポジショニングの基礎からやり直してラインを覚えていこうと思い、昔よくやっていた練習をすることにした。それは、4個の球をばらまいて手球をセンターに置き、まず、4個から任意の球をポケット。そこからは番号順に落としていく練習だ(下図)。ネクストとかフリとか、しっかりと考えて取り切っていけばいい。最初の球で完璧なフリにするのがコツなので、入れて取り切るという流れをつかむ練習にもなる。

071120

例えば図なら、6番を順の引きで入れて2番に近づければ、2番→3番→9番と、球なりに取り切ることができる。これをほぼ完璧に取り切れるようになってはじめて、9個の球を完璧に取り切ることにつながるだろう。そうそう、僕はよく7番くらいのハイボールでトばすことがある。そこまで頑張って取り切っているのに、それではまったく意味がない。だからこの練習は、最後のハイボールを意識して行っている。残り4球を確実に取りきれるようになれば、大きく進歩するはずだ。昔、この練習をはじめてかなりポジショニングがうまくできるようになった。球が少ないので、失敗しても適当にならず、失敗した配置をすぐに繰り返しできる点もいい。

続きを読む "ポジショニング基礎練習"

| | コメント (3)

2007/11/14

苦手な球の投票結果

新たな趣向としてやってみたアンケートなわけだが、結構投票数も集まって面白かった。211票、ありがとうございます! で、今回は「苦手な球は何?」といったものだったのだが、ダントツに「ロングドロー」だった。まぁ、もともとの記事の内容が、ロングドローは難しいといったもので、そこからスタートしたアンケートというのも理由だろう。が、それにしてもやっぱりみんな嫌だと思っていることは確かだ。続いては、「切り返し」と「殺し球」。どちらもポジショニング時に必要なテクニックなので、苦手というよりも、マスターしたいという思いが強く現れた結果かな? と個人的には考えている。あ、ちなみにというか、もちろん、僕が苦手なのは「ロングドロー」だ。

さて、そんなわけで、アンケート企画第2段を実施することにした。今回は、前々から気になっていた、だいたいみんなどれくらい球撞いているの? というもの。働きながら、会社帰りに時間を見つけて撞くとか、土日にまとめて頑張って撞くとか、人それぞれ、撞く時間を見つけて練習しているのがビリヤードだと思う。そうさせてしまうところに、ビリヤードのすごさを感じてしまうし、そうでなければ上達しないものもビリヤードだと思う。僕は何時間くらい撞いているかなぁ・・・。「〜15時間」ってとこかな。

続きを読む "苦手な球の投票結果"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

ACSS PRO

カスタムキューとはいえ、ラジアルジョイントを選んだときから、この日がやってくることは決まっていた。それが遅いか早いかの違いだ。なんか気分も新たに・・・なんて思い、とうとうシャフトをACSS PROにした。そう、アダムのハイテクシャフトだ。昔からアダムの太めのテーパーが好みだった。ACSS PROはアダムのノーマルシャフトに比べれば細いが、ほかのシャフトと比較すると太めで気に入っている。撞かせてもらう機会も多く、性能的にも「良い感じ」と思っていた。だから、いずれACSSを装着したくてラジアルピンのカスタムキューを選んだ。そう、実はこれで求めていたキューの完成型となるわけだ。

アダムのハイテクシャフトにはSlid 8 MAXもある。ほんと、どちらにしようか迷った。ぶっちゃけどっちでもよかった。ただ、ACSS PROのほうがパワーがあって柔らかい感じがした。あとは、Slid 8 MAXは完全な木ネジなのに対して、ACSS PROはパイプネジが入っている。ジョイントを締めた感じが、パイプネジのほうが気持ちよかったというのも理由かな。僕は個人的には、シャフトはノーマルでもハイテクでもどちらでもいいと思っている。どちらにも良いところはあるし、悪いところはある。でも、「入れやすい」という点ではやっぱりハイテクに分があるだろう。現に、シャフトをACSS PROにしてから、入れが格段にアップした。特にちょっと遠目の球や、やや立てキューの球など、「嫌だなぁ」と感じる球を自信を持ってポケットできる。明らかに取り切る確率も高くなった。以前、Mezzのハイブリッドなどハイテクシャフトを使っていたのだが、そのときのほうがやっぱり入れは強かった。そこに戻ったような気分だ。でも、微妙な出しの感覚とか力加減とかはDishawのノーマルシャフトのほうがやりやすいように思う。そして・・・音とか打感。これはどうしようもないかな。ノーマルのほうが、音が高くてキレイだし、打感も手に響いてきて撞いていて楽しい。ハイテクは、なんかスコンと抜けた感じがしてしまう。でも入れられるから撞いていて楽しいのだ。

そうそう、最も苦労している違いは、押しのラインの違いだ。Dishawのノーマルシャフトでやや上を撞いてクッションから真横に走らせるような球がある(下図:黒線)。これを同じ感覚でACSS PROで撞くと、手球が前に行ってしまうのだ(下図:青線)。これはこういうただの押しのラインだけでなく、クッションで回して出すときなんかにも影響が出る。第2クッションへの入り方がまったく違うのだ。ACSS PROの手球の動きのほうが、クッションへの入り方が浅い。だから、ラインが読めなくて出しミスをしてしまう・・・。このあたりは、たくさん撞いてなれてしまはないといけない。

071113

実は、シャフトの長さが違うという点も驚いた。ACSS PROのほうが、1センチほど長いのだ。これはDishawのシャフトが短いのか? どっちにしろ、もともと長めのシャフトで撞いていただけに、このちょっとでも長くなった点は扱いやすくて気に入っている。見越しが減ったからヒネリでミスしたり、やや引きのキレがダウンした感はあるが、全体的にはノーマルよりもいいかなと思っている。


■【ADAM スペアシャフト】ACSS Proシャフト



続きを読む "ACSS PRO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/09

トばしたときのことを思い出す

最近、気を付けて実践していることがある。それは、「トばしてしまったときのことを思い出す」ということだ。よくトばす球というのは、だいたい配置とか状況とかが似ている場合が多い。例えば、僕の場合は、やや厚めの球を手球を走らせないようにして撞こうとすると、厚くトばしてしまうことがある。それを気を付けることで、入れられる確率はアップするのだ。レール際の球を、手球を殺し気味に撞くときも同様、こちらは薄くトばすことが多い。そういう苦手な配置というか、トばしがちな配置を前にしたら、いったんトばしてしまったときのことを思い出して、それに注意しながら撞くわけだ。

これは、特に簡単な配置の球に有効だ。いわゆる難球は、トばすことのほうが多いので、あんまり意識しても意味はないと思う。それよりも、「入れられる」という自信のほうが大事だ。簡単な球でポカしないための気配りといった感じだろうか。トばすイメージを持つと、手球が入らなくなりそうでこれまでまったく考えようとしなかったのだが、トばすイメージではなく、トばすイメージにならないように撞くと、ちょっと考え方を変えてみたのだ。結局は、同じ配置の球を撞き続けて、「どうしてトばしたんだろう?」「どこが悪かったんだろう?」などと考えるとの同じことなのだが、それを状況状況でその都度やっていくということ。入れだけではなくて、あ、この配置は出しが短くなることが多いとか、そういう意識にもつながる。例えば、僕の場合は、やや引きの順ヒネリで手球を回して走らせようとすると短くなる傾向がある。それを意識すればいいのだ。まぁ、1球にどれだけいろいろなことを意識して向けられるかってことなのかなぁ。パッと構えて撞くまでの情報量が、きっと上級者と初心者ではまったく違うように思うわけだ。

続きを読む "トばしたときのことを思い出す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »