« 苦手な球の投票結果 | トップページ | 初台へ »

2007/11/20

ポジショニング基礎練習

シャフトをACSS PROにしてから、細かいラインの違いでポジションミスすることが多くなった。そこで、ポジショニングの基礎からやり直してラインを覚えていこうと思い、昔よくやっていた練習をすることにした。それは、4個の球をばらまいて手球をセンターに置き、まず、4個から任意の球をポケット。そこからは番号順に落としていく練習だ(下図)。ネクストとかフリとか、しっかりと考えて取り切っていけばいい。最初の球で完璧なフリにするのがコツなので、入れて取り切るという流れをつかむ練習にもなる。

071120

例えば図なら、6番を順の引きで入れて2番に近づければ、2番→3番→9番と、球なりに取り切ることができる。これをほぼ完璧に取り切れるようになってはじめて、9個の球を完璧に取り切ることにつながるだろう。そうそう、僕はよく7番くらいのハイボールでトばすことがある。そこまで頑張って取り切っているのに、それではまったく意味がない。だからこの練習は、最後のハイボールを意識して行っている。残り4球を確実に取りきれるようになれば、大きく進歩するはずだ。昔、この練習をはじめてかなりポジショニングがうまくできるようになった。球が少ないので、失敗しても適当にならず、失敗した配置をすぐに繰り返しできる点もいい。


関連記事

|

« 苦手な球の投票結果 | トップページ | 初台へ »

コメント

早速練習してみました。

フリーボールからの4個取り切りとはまた一味違った練習になりますね。

暫く続けてみようと思います。

投稿: はんじ | 2007/11/24 00:39

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

投稿: みんな の プロフィール | 2007/11/24 16:08

>はんじさん
そうなんです。最初の球の狙いがある程度限定されているだけで、やや難しくなって面白いです。最初の球の入れとポジショニングで取り切れるかどうか決まってしまうとも言えるので、ちょっと気合いも入るし、気に入っています。

投稿: アライ | 2007/11/26 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦手な球の投票結果 | トップページ | 初台へ »