« アフィリエイト | トップページ | やや押す球 »

2008/07/18

シャフト

長い間ブログの記事をアップしていなかったため、最近の記事になってしまっているのでちょっと笑ってしまったのだが、昨年の11月13日の「ACSS PRO」という記事。DanDishawにACSS PROシャフトを装着して、完成型と書いてあったりする。が、実は2カ月ほど前からノーマルシャフトに戻している。理由は、「やっぱりノーマルのほうがいい」からだ。きっと、「なんだそれ!」と思う人もいるかもしれない。でも撞いた際の「感覚」が、ノーマルのほうが自然にピッタリ来てしまうのだ。というわけで、ノーマルシャフトとACSS PROのそれぞれについて、感じたことを並べて表記してみようと思う。

●ノーマルシャフト
キレ:
そんなによくキレるという印象はないが、ヒネリを乗せた際にクッションをよくかんで進んでくれる。ヒネリの乗りというよりも、ヒネリがしっかりと残っているという感じだろうか? 押しや引きに関してはコントロールがしやすい。ただ、弱く押す、弱く引くといった球の場合、しっかりとキューを出さないと狙いからズレてしまうことがある。
パワー:
どちらかといえば、これもそれほど「ある」とは言えない。ただ、キューを出すことで手球をスルスルと走らせることができる。そのため、バシッと強めに撞かなくても、ある程度なら手球を走らせることが可能。ただし、バシッと撞いてしまうと簡単な配置でもトばしてしまう場面が多く出てしまう。パワーよりも、手球に乗せる回転で進めるイメージのほうがうまくいく。
見越し:
これはやっぱりちょっと大きい。そのため、あまり無理なヒネリを加えることはできない。ただ、ちょっとひねってやればヒネリの回転が手球にキレイに乗るので、手球を進めることは可能。真っ直ぐにキューを出してやらないと、大きく見越しが出てしまい、切り返しなどがうまくいかない場面が多い。

●ACSS PRO
キレ:
押し引きがキレる印象。特にロングドローなどがしやすい。ただ、ヒネリがあまり乗らない感じがする。ヒネリが乗っていても2クッションまでに消えてしまって、手球が進まないことがある。
パワー:
これは結構あるように思う。バシッと撞いてもそれほどズレないので、球が入れやすい。ハイテクシャフトは、少しくらいのズレなら影響なく球を入れられる気がする。
見越し:
ややあるけれど、ほとんどない。だから切り返しなどがものすごくやりやすい。ただ、もともとノーマルシャフトで撞いていただけに、見越しがないというのが逆に難しく感じる場面もあったりして・・・大きく逆にひねるショットなどはトばすことが多くなる。それと、問題は見越しがないのと同時に、スローもあまり感じないという点。例えば、やや厚めに狙ってスローで的球をポケットに向かわせて、手球を無理矢理ひねって戻してくるショットなど、ノーマルシャフトなら可能だが、ACSS PROの場合はスローの影響が出ずに厚めに球をトばしてしまうことが多々あった。

と、こんな感じで比較してみたが、実際のところACSS PROのほうが球が入れやすかった。ただ、すごく難しい配置で「入れて出す」というショットができない。ノーマルシャフトは、こういう無理矢理のショットができる。そしていちばん思うのは、「感覚」の違い。ACSS PROの場合は、なんというか真っ直ぐ撞かなくてはいけない感じがするのだ。球を入れるには当たり前のことだと思うだろう。手球を狙った場所に真っ直ぐ撞けば、的球はポケットされる。それはすごく確実でミスが少ない。逆にノーマルシャフトは入れるために撞く感じ。真っ直ぐキューを出すという意識はなくて、ただ的球がポケットされるように手球を撞く。手球をポジショニングしやすいようにキューを撞くという感じだ。うーん、書いていてわかりにくいと思うのだが、でも本当にこういう感覚。だからノーマルシャフトは感覚で球を入れる。キューで球を撞いている感じがする。

ACSS PROからノーマルシャフトに変えてマスワリが増えた。でも、簡単な球をトばすことが多くなった。ノーマルシャフトのほうが感覚で撞くために、ハマッたときにいい球が撞ける。だから、入れて乗ってくると、ポンポンとポケットできるのだ。まぁ、いちばんいいのは、ノーマルシャフトでも簡単な球をトばさなくなることだけど、それは練習で感覚を磨いていけばなんとかなるかな? と、こんなふうに書いていて、またいつのまにかACSS PROに戻る・・・なんてことはきっとないと思う。


■【ADAM スペアシャフト】ACSS Proシャフト




関連記事

|

« アフィリエイト | トップページ | やや押す球 »

コメント

おはようございます。そしてお久しぶりです。
朝起きて何気なく見たら、ブログ復活されてたんですね。アライさんの書いてる内容は以前自分も悩んだりした事が多いので、現在何気なく撞いてる私には大変参考になります。

シャフトをノーマルに戻されたんですね。私はハイテクを使用した事が殆ど無いので違いは分かりませんが、Dishawは今まで使ったキューの中で一番扱い易く感じてます。
スペアシャフトの先角は以前コメントしたTITANに換えてあるのですが、これは微妙な感じです。
面白い撞味はあるんですが、私にはズレが少な過ぎる様です。長さを2cmにしてしまったのが失敗だったみたいです。
他の人には好評でしたが・・・

投稿: jodan | 2008/09/29 05:55

お久しぶりです。

ノーマルシャフトですが、やっぱり入れやすいんですよね。すごく。そう言えば、ノーマルの先角ってかなり柔らかい気がします。最近、ボロボロになってきているので、固めのものに変えようかな・・・と思っていたりします。「TITAN」の話は参考になります。

投稿: アライ | 2008/09/29 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフィリエイト | トップページ | やや押す球 »