« タップの話 | トップページ | 入れかセーフか »

2008/07/22

キューの製作工程

Kさんから、YouTubeにキューの製作工程を映したムービーがあると教えてもらった。DISCOVERYチャンネルで放送されたもののようで、ファルコンキューの製作工程が紹介されている。英語での解説だが、映像を見ているだけで内容はわかるし、かなり面白い。

映像を見た印象は、「キューってこんなに簡単に作れるんだ!?」というもの。もちろん、ハンドメイドだけで作っている場合には、ものすごい時間と労力が必要なのだろうけれど、機械を使ってしまうとこんなに高速で正確。インレイをはめ込むところなんか、パズルみたいで「やってみたい!」と思ってしまう。アダムとかMezzで、キューの製作見せますツアーとかやったら、行ってみたいなぁ。そこで自分のサインをキューに入れられるなんていう特典が付いていたら、結構人が集まりそう。でも、映像を見てもうひとつ感じたのは、ハンドメイドでも機械と同じだけの正確さが必要だと言うこと。いまだにハンドメイドでキューを製作している職人さんたちの技術力って、きっとものすごいのだろう。今度は、そういう職人のキュー製作の工程を見てみたい。


■【ビリヤードキュー】 MUSASHI413-2




関連記事

|

« タップの話 | トップページ | 入れかセーフか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タップの話 | トップページ | 入れかセーフか »