« やや押す球 | トップページ | キューの製作工程 »

2008/07/21

タップの話

最近は引っ越して新宿に行かなくなった影響とか、土日は何かと忙しかったりしてあまり球を撞いてない。でも、長い間ブログの更新を怠っていただけに、ネタは結構あったりする。で、今回はタップの話。

もともと柔らかめのタップが好きで、「エルクマスター」をよく使っていた。価格も安いし、結構撞いても固くならないので気に入っていた。でもそれはハイテクシャフトを使っていたから。ハイテクシャフトのような撞いた感じが固いシャフトの場合は、エルクマスターのような柔らかめのタップのほうが、手球とタップの接触時にキュー先でうまくさばきやすい。ところが柔らかめのタップは、DanDishawのノーマルシャフトのように、やや柔らかめの、しなりで撞けるようなシャフトには合わないのだ。特に微妙なコントロールがしにくくなり、弱めに撞くショットなどで的球をトばす場面が多くなる。以前、DanDishawにASCC PROを装着していたわけだが、そのときはエルクマスターではなくてモーリIIIのSを使っていた。こちらも柔らかめのタップだが、撞いていると少し固くなってくる。なんというか、エルクマスターよりもキレと音がいいのでこちらに変更した感じだ。ノーマルシャフトに戻す際、もしかしたら合うかもとモーリIII Sを試してみたのだが、やっぱりちょっと柔らかい感じがした。Sを撞き込んで、固くなった感じのほうが合っていたので、いまはモーリIII Mを付けている。

そうそう、いろいろタップを試す中で、「カムイ S」も使ってみた。が、これがまったく合わなかった。ものすごく柔らかい。撞いた瞬間が「ヘコッ」というイメージ。ただ、モーリのSのように、撞いていくうちに固くなってしまうということがなく、いつもいい案配に柔らかい。エルクマスターの柔らかさとはちょっと質が違うのだが、柔らかいタップが好みの人は試してみるといいかも。感覚的には、エルクマスターよりも柔らかくて優しい球が撞ける気がした。でも、この柔らかさが、Dishawのノーマルシャフトにはまったく合わない。で、最近ちょっと気になるタップが「RD」。これはハチミギのKさんとかMCさんがGinaに付けているタップなのだが、撞かせてもらうとグッと固くて感触がいい。ノーマルシャフトに戻してから、固いタップもいいと思えるようになってきた。これまでタップの柔らかさでコントロールしていたショットなどを、シャフトの柔らかさで行えるようになってきたからだ。というわけで、次のタップはRDにしてみようかな、と考えている。


■ビリヤードタップ KAMUI 2(billiards tips)



■【ビリヤード用品】TIP(タップ)モーリIII


関連記事

|

« やや押す球 | トップページ | キューの製作工程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やや押す球 | トップページ | キューの製作工程 »