« 逆ヒネリ | トップページ | キューを出す練習 »

2008/07/25

ジャンプショット

基本的に、隠れてしまった球はクッションを使って当てることが多い。ジャンプという選択肢があっても、クッションからのほうが球の残りが読みやすいし、当て方でセーフにできる場面も多いのだ。ただ、簡単な配置で、しかも入れたら出せるという場面になれば、ジャンプショットにチャレンジする。

さて、このジャンプショットの精度が、最近上がったように思う。ジャンプキューは、ずっと変わらずMezzのエアシューターだ。キューが軽すぎて、キューを振ろうとしてしまいがちだが、ただ落とすように軽く手球を叩いてやると、結構キレイなショットになる。といっても、頻繁にジャンプショットを練習したというわけではない。どちらかと言えば、ジャンプショットの練習はほとんどしていない。それではなぜ精度がアップしているのかと言えば、それはきっと「真っ直ぐ撞けるようになっている」のだと思う。ジャンプショットというのは、キューを立てるために無理な体勢になるし、目線が上からになるので錯覚も起こる。しかも、キューを立てるから、ちょっとのズレが大きなズレになってしまう。だから、本当にきちんと真っ直ぐ構えて真っ直ぐキューを出してやらないと、キレイなジャンプにならないのだ。それが、何の練習もしていないのにできるようになっている。きっと、普通のショットの精度が上がったのだと思う。例えばクッション際の手球を引くような、立てキューのショットが真っ直ぐに撞けるなら、ジャンプも同じように撞けると思うのだ。

これと同じような感覚を持ったのはブレイクだ。ブレイクも、それほど頻繁に練習したわけではないが、急に真っ直ぐ当たるようになったことがある。それも同じように、普通のショットの精度が上がったためだろう。もちろん、だからといってジャンプショットの練習をしなくてもいいかというとそうではないと思う。時々、全体のバランスを意識しながら、ジャンプショットの練習も必要だろう。でもそれよりも、普通のショットの精度を上げることが、ジャンプの精度を上げることにつながるのだと考えている。


■【ビリヤードキュー】MEZZ JUMP CUE AIR DRIVE




関連記事

|

« 逆ヒネリ | トップページ | キューを出す練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆ヒネリ | トップページ | キューを出す練習 »