« 渋谷CUE | トップページ | 立てキューのフォーム »

2008/08/09

いいマスワリ

最近は、配置がよければ、きちんとマスワリできることも多くなった。簡単な配置を、簡単にミスせずきっちりと取り切るというのは、いちばん大事で難しいことだと思っているので、いい配置をちゃんとマスワリできるというのはかなりうれしい。ただ、これが相手から回ってきた配置だったりすると、いくら簡単な配置でも取り切れなかったりする。なんというか、マスワリ時に比べて、入れなどに対して集中できていないのだ。どんな状況でも、簡単なものをきちんと取り切れるようになりたいものだ。

と、簡単な配置を取り切ってマスワリというのもいいのだが、結構頑張って取り切ったマスワリもいい。そんなマスワリが出たので紹介しようと思う(下図)。ちなみに、図を見やすくするために、的球がポケットに向かう線は省いてある。また、各ショットの撞点も掲載していない。ブレイクがよくて、3個イン。配置さえよければ簡単に取り切れる感じだ。が、ちょっと難しい。まず、取り出しの1番だが、押すとコーナーポケットにスクラッチ、もしくはほかの球にキスしてしまう危険性があった。ということで、引きでポケット。イメージとしては、もう少し手球が走ると思ったのだが、クッション際で止まってしまった。続く4番は、かなり厳しいショット。手球はクッションから球2個ぶんくらい浮いていたので、ロングだが軽くなら引けると判断。かなりキレイなショットが打てた。で、せっかく頑張ったのに5番が迷いどころ。入れは簡単だが、そのまま撞いては9番にキスしてしまう。ということで、ここも引いたのだが、またまた手球がクッション際に・・・。これはほぼ、クッションタッチ。続く6番は、キュー先だけスッと出す感じで、うまく押しを乗せて入れる。これがまたキレイに決まって取り切った。

080809

本当は、もっとうまいこと取り切れる組み立てがあったのだと思うのだが、それでも、こういう難しい入れを頑張って取り切ったというのは自信になる。簡単な配置を、きちんとポジショニングしてきっちり取り切るというのも相手にプレッシャーを与えるが、こういう厳しい球を沈めて取り切るというのも、同じくらい相手にプレッシャーを与えると思うのだ。


関連記事

|

« 渋谷CUE | トップページ | 立てキューのフォーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷CUE | トップページ | 立てキューのフォーム »