« 自然なストローク | トップページ | セーフティーも厚みで »

2008/08/25

後半のミス少ないけれど

最近は、いい頻度でマスワリが出るようになってきた。ただ、だからといってこれまで以上に技術的に上達したというわけではない。取り切る率自体も、そんなにアップしている感じでもない。ではなぜかといえば、後半、特に最後の3つの球でのミスが少なくなってきている気がする。以前は、7番とか8番の球でトばす場面が多かった。残り球が少ないからと、結構簡単に撞いてしまって、逆フリといった出しミスなどをして難かしくなるパターンだ。それをきちんと気をつけられるようになってから、当たり前だけど残り3球でのミスが減ってマスワリにつながることが多くなってきたのだ。まぁ、これまで同様、「ここ」という球で入れに行って手球を置いてしまい、簡単なミスをすることはあるが、それを乗り切ればほぼ取り切れるようになっている。

また、このような意識がきちんと持てるようになったこと以外に、「ここ」という場面で集中してきっちり取り切れるようになったことも大きい。ブレイク後の配置がよくて、「よし」と思ったとき、そのまま撞き切れるようになったのだ。この状態が常に続かなくて、何かのきっかけとか、気持ちが追い込まれたりとか、集中するスイッチが必要なのだけれど、でも、取り続けなくてはいけないような場面できちんと入れられるのは進歩しているのかも。といっても、やっぱり「ここ」という球はトばしちゃうことがあるんだよなぁ・・・。いつものストロークでビシッと入れるようにすればいいだけのことなのだが、どうも入れることに意識が向きすぎてしまう。要所の球を入れて、後半のミスがなくなってくれば、もっともっと取り切る率は高くなるだろう。こういう意識をしっかりと持たせるための練習って、ただの取り切り練習とかじゃダメな感じがする。いまいちピンとくる練習がないのだけれど、ボーラードとかがいいのかなぁ? なんか、9ボールと違って、球を走らせることが少ないから、ちょっと飽きてしまうことがあるのだけれど、また練習に取り入れてみようかな。


関連記事

|

« 自然なストローク | トップページ | セーフティーも厚みで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然なストローク | トップページ | セーフティーも厚みで »