« 力加減でコースが変わる | トップページ | かぶさる球 »

2008/08/15

ビリヤードの競技人口

北京オリンピックでは、金メダルを連覇する日本人選手が何人もいてビックリする。金メダルでさえ神懸かり的にすごいのに、それを4年後にまた手にするなんて考えられない。と、いきなりオリンピックの話題だが、オリンピック種目にビリヤードがあればなぁ・・・と思うわけだ。日本選手団は、結構いいところいきそう。メダルも夢じゃない? そんなことを考えてしまうわけだが、選手村のレクリエーションルームにビリヤード台なんかが置いてあるのを見たりすると、競技ではなくて娯楽として捉えられているのかも、と残念だったりする。ビリヤードって世界的な種目だし、競技人口も結構多いように思う。まぁ、わからない人がゲームを見ても、それほど盛り上がれないかもしれないが、それはビリヤードに限ったことではなく、多くの競技に言えることだろう。

世界的な話をしても、自分でもよくわからなくなりそうなので、ちょっと国内だけで考えてみる。実際、競技人口がどのくらいなのかどこかで記載されているわけではないが、ゴルフを基準に考察してみた。ゴルフの競技人口は1000万人強だといわれている。そしてGoogleで「ゴルフ」と検索すると、7190万件ヒットする。Googleで「ビリヤード」と検索すると、566万件のヒット。Googleの検索結果を基準にするというのも無理やりな気がするが、それでもここから判断すれば、ビリヤードの競技人口は80万人前後といったところ。といっても、そのうちのほとんどの人は、遊びで楽しむ程度なのかもしれない。結局、何が言いたいのかといえば、ビリヤードって競技人口は結構いそうだけど、それに打ち込む人数は少ないのかも、ということ。例えば、高校総体の競技などになっていないから、部活などでも見ない。そう、結局遊びの一環になってしまいそうだと思うのだ。

なんだか意味がわからない日記になっているが、よくテレビでビリヤードを紹介するとき、曲球なんかを披露する。でもそれって、見るぶんには面白いけれど、普通の人はやろうと思わない。曲球を見て、「よし、明日ビリヤード場に行こう」という人はいるんだろうか? ビリヤードの面白さは伝わると思うが、それでビリヤードに取り組む人が増えるようには感じないのだ。ポケットビリヤードのプロの試合などがもっともっと地上波などで流れてくれると、ハマってくれる人は増えるように思う。簡単に球を取り切るプレーを見て、面白いとか、すごいと思う人は、曲球と比べれば少ないだろう。でも、そう思った人は必ずビリヤード場に足を運んで、やってみようと思う人だと考えるのだ。なんだかつらつら書いてしまったが、要はビリヤードを楽しむ人がもっと増えてくれるとうれしいなぁ・・・なんて思っているわけだ。


関連記事

|

« 力加減でコースが変わる | トップページ | かぶさる球 »

コメント

初めまして。私も同感です。少し前までケーブルテレビでスヌーカーやってたのを見てやってみたいと感じた。トッププロが簡単そうにポンポン入れるのを見てると自分もできるかな?という気になってくる。でも実際やってみたら、入らない!A級に近いB級の私ですが、台の大きさと穴の渋さにKO負けしました。
多分、ビリヤードもそんな感じになる人が行くのではないかと思います。

投稿: tomy | 2008/08/15 22:45

コメントありがとうございます。そうなんです。「できそう」と思って「できない」。僕もテレビでマスワリを見て、それができるかもしれないとビリヤードを始めました。曲球は、テレビでは楽しいけれど、実際には初心者は並べ方もわからないですからね。もっともっとプロの試合をテレビで放映してもらいたいと思っています。

投稿: アライ | 2008/08/18 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 力加減でコースが変わる | トップページ | かぶさる球 »