« ビリヤードの競技人口 | トップページ | 目で狙わずに体で狙う »

2008/08/18

かぶさる球

手球がセンター付近よりも向こうにあって、テーブルにかぶさりながら撞くショットでよく錯覚してしまう(下図)。特に、あまりフリがない球のときに、薄めにトばしてしまうことがある。構えたとき、なんか厚いんじゃないか? という不安がよぎるのだ。

080818

このかぶさる球、しっかりと正面から構えに入らないことも多く、それもトばす原因だったりする。いつもは、右利きなら当たり前の、右足を軸足にして左足を前に出したフォームなのだが、かぶさるときだけ左足を基準にしてしまうことがあるのだ。体が交差する感じ。僕はサッカーなどは左利きなので、その辺りが影響しているのかな? こうなると、体がねじれた感じになるので、きちんと真っ直ぐに撞けないのだろう。テーブルにかぶさるような球は、手球と的球の距離も、的球とポケットの距離も近くて簡単だと思ってしまいがちだが、そこには大きな落とし穴がある。まぁ、それを簡単だと思ってしまう、意識のほうにも問題があるのだけれど・・・。


関連記事

|

« ビリヤードの競技人口 | トップページ | 目で狙わずに体で狙う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビリヤードの競技人口 | トップページ | 目で狙わずに体で狙う »