« ハイブリッドアルファシャフト | トップページ | 渋谷CUE »

2008/08/08

セーフティーも厚めに入れる

例えば、短クッションの中心にタッチしている球が回ってきて、手球がセンター付近などにある場合、縦バンクで入れるしかない。入れではなくて、セーフティーを選択したほうが、確実な場面も多い。その際、僕はこれまでだいたい、的球に薄めに当ててあまり動かないようにし、手球を反対の短クッション際に止めるようなセーフティーを使っていた。ただ、的球に薄く当てるというのがやっぱり怖いので、ちょっと厚めに当たってしまい、的球がコーナーポケット付近に止まってしまうことが多々あった。これでは、いくら手球と的球が離れているとはいっても狙える配置になってしまうし、クッションから当てるのも難しくない。

そこで最近は、的球に厚めに当てるセーフティーを選択することが多い。同じ配置なら、的球と手球の両方を長クッション際に止める感じだ。これのほうが、ミスしても狙いにくい位置に残る。また、「入れ」と一緒で、手球を的球に厚めに入れたほうがミスしにくい。手球の距離や的球の進む方向などもコントロールしやすいのだ。そしていま、結構頻繁に練習しているセーフティーの配置がある。的球に対して手球を厚めに入れて、逆ヒネリでクッションから殺して隠すものだ(下図)。手球が的球に当たった瞬間くらいに横の回転だけが残るような感じで撞くと、クッションに入ってからキレイに隠したい球に向かって進んでくれる。また、この配置は、似たような場面がよく出てくるので、すごく応用が利く。確実に球を隠せるセーフティーを、どんどんと身に付けていかなくては。


080807


関連記事

|

« ハイブリッドアルファシャフト | トップページ | 渋谷CUE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイブリッドアルファシャフト | トップページ | 渋谷CUE »