« 無理やり戻すかバタバタか | トップページ | セーフティーも厚めに入れる »

2008/08/07

ハイブリッドアルファシャフト

Mezzから登場した新たなハイテクシャフト、その名も「ハイブリッドアルファシャフト」は、同社のハイブリッドシリーズの中心になるみたいだ。そしてこのハイテクシャフトをS兄が手に入れたので、さっそく撞かせてもらった。すごく感じたのは、「ACSSみたい」という印象。太めでキューが真っ直ぐ出やすい。個人的には、かなり好みのシャフトだ。パワーはあるし、軽くヒネリを入れただけでもキレイに乗ってくれる。そうそう、ACSS同様に、軽く撞いたときの押し引きのキレがいい。球の質なんかも、ホント、ASCCみたいだと感じた。

ただテーパーが真っ直ぐで、なんかパワーブレイクのシャフト(ディープインパクト)で撞いている感覚があった。球は撞きやすいし、キレもよくて、入れ/出しともに文句ないが、なんか棒で撞いているような感じがする。でも、打感はなんか柔らかい。ACSSのほうが固くて、ガツンという印象だ。そのぶんなのかわからないけれど、見越しはあるような気がする。だから、僕としては逆に合わせやすかった。まぁ、シャフトなんて個体差もあるだろうし、何よりも合わせるバットやジョイントで性質が変わってくると思う。ASCC同様、きっとこのシャフトをDanDishawに付けても、あまりいい感じにはならないだろうな、とも思う。だけどMezzのキューを使うなら、このシャフトと一緒に使いたくなるかも。

そう言えば、細いシャフトが好みという人がMezzを使っている印象があるけれど、その辺はどうなんだろう? アダムからの乗り換えも考えてるのかな?



関連記事

|

« 無理やり戻すかバタバタか | トップページ | セーフティーも厚めに入れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無理やり戻すかバタバタか | トップページ | セーフティーも厚めに入れる »