« ワンクッション多めに出す | トップページ | 引きを調節するよりもキューを出す »

2008/10/01

フリスクのCM:ビリヤード編


フリスクを口に入れた瞬間、パッとひらめいてピンチを切り抜けるイメージが浮かぶという、フリスクのCM。このシリーズは、意表をつく展開が面白くて気に入っている。そのCMに、ビリヤード編が登場した。フリスクを口に入れると、キャノンで球をポケットできるイメージがスッと現れるというものだ。まだ見たことない人は、フリスクのサイトで閲覧できる(下リンク)。

●フリスクのCM:ビリヤード編
http://www.frisk.jp/ad.html

まぁ、ビリヤードを実際にやっている人なら、「そのキャノンはないだろ!」と突っ込みを入れたくなるだろう。マンガだよ、それ。で、気合いを構えてキューを振り抜いた瞬間、ミスキュー・・・。「ありがち」と笑ってしまった。特にロングドローとか・・・。引こう引こうと気合いが入ると、余計な力が加わってしまってミスキューする。カシャ! とむなしい音・・・。どんなに難しい球を前にしても、冷静に気持ちを落ち着かせてプレーしなくちゃいけない。

■ スターリングシルバーハンドメイド 『フリスクケース』


関連記事

|

« ワンクッション多めに出す | トップページ | 引きを調節するよりもキューを出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンクッション多めに出す | トップページ | 引きを調節するよりもキューを出す »