« 一撃必殺! | トップページ | ビリヤードのデジタル化が実現していた!? »

2008/10/21

カットの狙い方

基本的には、どこを狙うというわけではなく、的球がポケットに入るように手球を撞いている。イメージボールとかそういう具体的な狙いがあるわけではなく、いわゆる「勘」で狙っている感じだ。ところが、遠目の球だったり薄い球など、入れが難しくなるとこの勘がズレてしまうことがある。そんな日は、こうした球がまったく入らない。

そんなとき、ちょっと具体的に狙いを決めて撞くようにしている。それは、的球と手球がぶつかる接点を合わせるように狙う方法。的球がポケットされるように手球がぶつかる位置を接点にするのだ。特にカットなどは、球同士の接点が近いので狙いやすい。例えば右コーナーにカットする的球があった場合、的球の左端と手球の右端にある接点を合わせるようにして狙うといい。この方法を試すようになってから、なんとなくスランプのときでも難しい球を入れられるようにはなってきた。スランプなりに、いろいろと調子を戻す方法なんかが模索できていいのだが、やっぱり理想は何も考えずに自然とプレーすることだな。


関連記事

|

« 一撃必殺! | トップページ | ビリヤードのデジタル化が実現していた!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一撃必殺! | トップページ | ビリヤードのデジタル化が実現していた!? »