« 目指せ! 強いプレーヤー | トップページ | 久々の泥沼 »

2008/10/09

ポケットビリヤードの球のサイズ

親指と人差し指で輪っかを作って、その大きさをポケットビリヤードの球のサイズに合わせてみる。いわゆる「お金」を表すときに使う指のかたちだ。まず、だいたいの大きさを予測して、勘でサイズを合わせてみてほしい。多くの人が、球よりも大きな輪っかを作ってしまうのではないか? 僕もだいぶ大きめに間違えてしまっていて、実際にその輪っかに球を合わせたとき、あまりに違っていて驚いた。そう、ビリヤードの球というのは、思っているよりも小さいのだ。そのため、空クッションからクッション近くの球に当てる場合など、あまり確認せずに撞いてしまい、うしろを抜けてしまったことはないだろうか(下図)? 遠目からだとわかりにくいが、近くで見ると、意外にクッションと球の間に距離がある場合は多い。

081009

球をクッションに斜めに入れる際、真っ直ぐに狙っている場所で球は弾むわけではない。球の大きさのぶん手前でクッションにぶつかって弾むのだ。そんな要素まで加わってくると、球のサイズも結構プレーに影響してくるように思うわけだ。球の大きさを把握していないと、球の軌道があやふやになってしまう。正確に把握する必要はないが、ある程度、大きさがわかっていたほうがいいだろう。そうそうちなみに、ポケットビリヤードの球のサイズは、直径2.25インチだそうだ。57.15ミリメートルということになる。


関連記事

|

« 目指せ! 強いプレーヤー | トップページ | 久々の泥沼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目指せ! 強いプレーヤー | トップページ | 久々の泥沼 »