« 足りないシュート力 | トップページ | 目指せ! 強いプレーヤー »

2008/10/07

苦手な球を入れる練習

すっごく基本的な練習をした。苦手な球を入れる練習。とにかく、シュート力のなさを痛感したので、「嫌だな」と思うフリの球を入れる練習をしようと考えた。いくつかあるのだが、中でも全然入らない球が「への字」だ(下図)。引きを入れるとなると、そのシュート力はさらにダウンして、5割にも満たないだろう。苦手意識をなくすためにも、左右ともにしっかりと練習しなくてはいけない。

081007

構えてみて、まったく入るイメージがない。テーブルから1歩離れて、遠目に厚みを確認。そのときはきちんと的球がポケットに向かうイメージがある。そしていざ構えてみると、なんか薄く見えるのだ。実際はそのまま撞けばポケットされることが多いが、薄いと思ってコジリが入り、厚めにトばしてしまう。この錯覚のようなズレを、まず修整する必要がある。というわけで、ちょっと薄めに見えても大丈夫、そのまま真っ直ぐ撞こうなんて思っていたら、今度はそのまま薄めにトばしてしまったり・・・うまくいかない。狙いを定めて構えたら、あとはその厚みを信じて真っ直ぐにキューを出す。やっぱりコレがいちばんポケットできる。まぁ、練習した台がかなり渋い台だったので、ちょっとでもズレるとカタカタ外れてしまうのだが、それでもあまりにトばしすぎ。これくらいの球なら、8割以上のシュート率が必要かも。苦手な厚みは、遠目から見て構えて、その厚みを信じて真っ直ぐに撞く。もっと自信が持てるように、練習していこう。


関連記事

|

« 足りないシュート力 | トップページ | 目指せ! 強いプレーヤー »

コメント

あぁ、厚みがうまく見えない感覚が良く分かります。
苦手なフリというのは、この厚みでちょうどいい!と感じられるまでの訓練がされてないってことなのですかね。
反復練習して、体に覚えさせていくのが結局一番だなって思います。

投稿: Nた | 2008/10/09 01:06

たぶん、厚みはきちんと見えているんですが、それを信用できていないのだと思います。そこに向かって撞ける自信を身に付けるための練習が必要なのだと感じています。

投稿: アライ | 2008/10/09 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足りないシュート力 | トップページ | 目指せ! 強いプレーヤー »