« ビリヤードのデジタル化が実現していた!? | トップページ | 武富士のCM »

2008/10/23

キューを出す取り方

キューをビシッと出したほうが的球をポケットできる。そうなんだけど、球を取りきる間には、バシッと出せない場面もあったりしてトばしてしまうことも多い。ただ、バシッと出せないと思っているだけで、実はバシッと出す取り方がある場面が多いのも事実だ。以前、AKさんと撞いていたときに、いちばん近いコーナーに邪魔な球があって狙えない配置でフリーボールを渡したことがある(下図)。僕はおそらく、左上のコーナー(図で)を狙ってフリを付け、手球をやや前に走らせる感じで次の球にポジショニングしただろう。しかしAKさんは、手球と的球をポケットに向かって真っ直ぐに置き、そのままバシッと引きでポジショニングしたのだ。

081023

考えてみれば、その方法のほうが的球をポケットしつつ手球をポジショニングさせやすい。ポケットに向かって真っ直ぐに置くのだから、厚みの狙いなんかも関係ない。ただ真っ直ぐ、キューをビシッと出すだけだ。かなり引きを強めに入れても、いいところにポジショニングできる。逆に引きをきちっと入れないといけないために、ビシッとキューを出して撞くことになる。一方、もしやや押す取り方で手球を置くと、手球が左に進む距離や前に進める距離の関係があり、あまりバシッとは撞きにくい。スッと手球を転がす感じだ。が、この撞き方だと、ズレが生じる場合もある。特に的球がポケットから遠いために、そのズレがトばしにつながってしまう。やっぱりキューを出せるほうが入れもポジショニングも楽なのだ。そうできる取り方を、しっかりと見極めなくてはいけない。難しい球を撞く技術も必要だが、球を簡単にする発想力もすごく必要だ。


関連記事

|

« ビリヤードのデジタル化が実現していた!? | トップページ | 武富士のCM »

コメント

こんにちは。

これは良いものを見ました。
こういうよく考えれば難しくもないような発想ってなかなかできないんですよね。

私は遠いコーナーへフリをつけるのを嫌って、多分狭いとこに手玉置いて下のサイド狙いますが、そういうのもチョロっとしか撞けないんで結構ズレるんですよね。

自分で発想できないんで、こういうのはよく覚えておこうと思います。

投稿: はんじ | 2008/10/23 23:52

どうしてもチョロッと撞いてしまうんですよね・・・同じです。そしていつも失敗します。

うまい人の取り方って、実は難しいことをしているのではなくて、取りやすい方法を知っているんですよね。それを知るだけでも、上級者と撞くということは勉強になります。あまりにも球が入らず、「お相手していただいてスミマセン・・・」となることもありますが・・・。

投稿: アライ | 2008/10/24 13:15

いつも楽しく読ませて貰ってます。

AKさんの引きがベストでしょうね(受けが悪いならチョッと怖いですが)

ポケットの受けが甘ければ、前クッション気味に入れて前に出して少しでも厚めにとるのもいいのかなぁ…ちょろ撞きしなくても、キュー出しを「シュルンって感じ」にしてキレイな先球の走り方をさせれば入る台は前クッションでも入りますし。

意外とありかな?って思ったのが右上コーナーバンクです。1番ストップにすると丁度システムにあった厚みになるんで1/1の厚みで引けばオシマイなんで出しは楽です。自分のバンク感覚と台の相性が合えばの話ですが(笑)

投稿: しれっと書き込み | 2008/10/24 23:16

なるほど、台の受けまで気にしないといけないんですよね。コンディションなど、多くの要素で球の取り方なんかも変わってくるのに、まだまだ同じように撞いてしまっています。

あ、意外とありかな?の意見は右下コーナーバンクですよね。僕はラインが見えても、さすがにコーナーバンクに行く勇気がないです。もちろん、頭では結構簡単かもとわかっているのですが・・・。

また何かあればコメントお願いします。

投稿: アライ | 2008/10/27 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビリヤードのデジタル化が実現していた!? | トップページ | 武富士のCM »