« 武富士のCM | トップページ | ダーツ映画が公開されるらしい »

2008/10/28

トリプルバンクショット

バンクのポジショニングの際、手球が逆フリでやや厚くなってしまったら、バンクすらできない状況になる。薄ければ腹切りバンクがあるけれど、そのままバンクを狙いにいくと、クッションから戻ってきた的球と手球がキスしてしまうという配置だ。この配置の場合い、薄すぎてコーナーに入れにいくのも難しい。さて、お手上げだ・・・セーフティー・・・とならないのが5-9だ。5-9でのこの配置で、一緒に撞いてたONさんがトリプルバンクで沈めた(下図)。

081028

反対のサイドポケットの奥側でクッションに入った手球は、そのまま反対の長クッションに進み、進行方向を変えてサイドポケットに吸い込まれた。不思議な球の動きをするショットだが、バンクをトばしたときなどに、ラッキーでこの動きで球が入るなど、経験したことがある人は多いだろう。実はこのショット、ちょっと強めに撞く必要があるのだが、それほど難しくはない。と言っても、簡単に決められるものでもないし、発想として思いつくことがすごい。明らかに、この手球の動きを狙っていた。特に5-9などは、サイドにどう入れるか、という点が大きく勝負を左右する。こうしたトリッキーなショットも、覚える必要がある。というわけで、今度練習しておこう。


関連記事

|

« 武富士のCM | トップページ | ダーツ映画が公開されるらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武富士のCM | トップページ | ダーツ映画が公開されるらしい »