« 苦手な球を入れる練習 | トップページ | ポケットビリヤードの球のサイズ »

2008/10/08

目指せ! 強いプレーヤー

厳しい球を入れるとか、接戦でのセットを取り切るとか、強い人のプレーというのは何かしらの「凄味」がある。この凄味というのはプレッシャーとなり、相手のプレーを狂わせる。僕の場合などは、「この人は強い」と思ってしまうと、球を置きにいってしまってキューが出なくなり、どんどんと自滅していく。そして、強いプレーヤーというのは、ゲームでも負けないものだ。プレー中に凄味を持ちたいとまでは言わないが、どんな相手とゲームをしても、自分のプレーができるレベルの強さは持ちたい。うまいプレーヤーから1歩進んだ、強いプレーヤーになりたいと思うのだ。

それほど頻繁ではないが、それなりに練習はしているし、球に対してスキルアップできることはないかと考えている。でもそれでは、技術が向上してうまいプレーヤーになることは可能でも、強いプレーヤーにはなれないと思うのだ。では強いプレーヤーになるためには、何が必要かと言えば、「いろいろな人と撞く」ということだろう。もちろん、試合に出る、というのもそのひとつだ。と言っても、やみくもに人と撞いても強くなるわけではなく、自分よりも強い人とたくさん撞くというのが必要だと思う。これまではひとりで練習することも多かったが、これからはいろいろな人と撞いて行きたいと考えている。まぁ、ひとりで練習することも必要だったりするわけで、それもおろそかにはできないのだが、もっともっと多くのプレーヤーからいいところを学んでいかなければ上に進めないだろう。ただ僕の場合、人と撞くと真剣みを欠いてしまうことがある。もう少し、気持ちを入れて相撞きできるようにならなくては・・・。まずはそこからだ。


関連記事

|

« 苦手な球を入れる練習 | トップページ | ポケットビリヤードの球のサイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦手な球を入れる練習 | トップページ | ポケットビリヤードの球のサイズ »