« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/29

【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ

ビリヤードのプロのプレーは「すごい」と感心してしまうことが多いが、それが世界のトッププロともなるとなおさらだ。前回掲載したレイズの取り方などもそうだが、普通の人が思いもよらぬ球の動きで配置を取り切り、見ている人を楽しませてくれる。で、初めて見たときに衝撃を受けたのが、コーリー・デュエルのマスワリだ(下ムービー)。取り出しの1番の難しいキャノンや、アンドセーフ気味だと思うのだが3番の空クッションからの入れなど、相当な球を入れているのだが、圧巻は4番から5番だろう。とにかく、ムービーを見てほしい。

遠目の4番だが、入れて長クッションまで引くのは可能だろう。が、そこから5番まで引いて出すのだからすごい。引きが足りなかったら、5番は完全に9番に隠れてしまうため、この出しに自信があったのだろう。僕ならきっと、4番を押しで入れてポジショニングを試みるが、押しだけだと7番にキスする可能性もあるしラインが読みにくい。9番にそのまま真っ直ぐ向かってきてしまうかもしれない。と言っても、ヒネリを入れて回すには4番がちょっと厚すぎる。というか、引きで長クッションに入った手球がセンター付近に行く瞬間、回転で加速してるよ。なんかもう、キレ方がおかしいとしか思えない。長クッションからヒネリの力を利用して5番に出そうとすると、7番にキスする可能性もある。だからといって長クッションで立たせてから回転のカーブで持ってくるとは・・・。このあとの手球をよく見るとわかるのだが、かなり順の回転がかかっている。ということは、やっぱり順引きだと思うのだが、う〜ん、よくわからん。実際に見たら、ギュルギュル! とか手球から音がしていそうだ。

続きを読む "【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ"

| | コメント (2)

2008/11/28

TASUKUブログより:ひらめき

ビリヤードプロ西尾祐さんのブログに、「ひらめき」という記事がある。それがかなり面白かったので、こちらでも紹介。そこには、エフレン・レイズがエキシビションマッチで見せたショットの配置が掲載されている(下図)。手球の近くに1番があるけれど、右上コーナーも上のサイドポケットも直接狙えるコースがない。右下のコーナーバンクも、下のサイドポケットへのバンクも、同様にコースがない。僕がプレーヤーでこの配置が回ってきたら、迷わずセーフティーだろう。1番を6番方向に進めて、手球を左の短クッションに持っていく。強気で入れを選択するなら1−7のコンビだけれど、決められる確率はかなり低いし、たとえ決まったとしても残り球は難しくなってしまうだろう。

081128

さて、この配置、レイズがどうしたのかと言えば、1番を右下のコーナーに入れて2−9コンビが狙える位置に手球をポジショニングしたそうだ。と、聞いてもやっぱり、僕はまったくそのポジショニングをイメージできなかった。レイズってすごいなぁ〜。入れとか出しとか、そういうことじゃなくて、発想なんかも異次元のレベルにあるのだと実感させられてしまう。この取り方、実際にやってみると、配置さえよければ20%くらいの確率で決まるかも。ただそれを、エキシビションとはいえ、確実に決めるレイズはホントにすごい。似たような配置になったら、ダメ元でやってみよう。

あ、解答は西尾プロのブログで(以下をクリック)
●TASUKUブログ:ひらめき

続きを読む "TASUKUブログより:ひらめき"

| | コメント (0)

2008/11/27

引いて回すとき

最近、何度か同じミスをしてしまった配置がある。逆フリになっている的球を入れて、クッション際の球に回してポジショニングする配置だ(下図)。この配置、フリまで考えるとかなり難しいコントロールがいる。次の球に対して、離れてしまっても嫌だし、薄くなり過ぎても嫌だし・・・。特に、的球が思っているよりも薄かったりすると難易度がアップする。できるだけ2クッション目に早めに入れて、次の球への距離を近づけたい。通常、というか、これまでは、順引きにして厚めに狙い、球を走らせていた。ヒネリの力で2クッション目に早めに入れるのだ(下図:黒線)。それが最近、より近づけようと考えて、強い引きだけを入れるようにしてみた。すると、まったく逆効果。いや、的球に対して厚めに入ればいいのだが、薄めに入ってしまうと、引きの回転も加わってどんどんと反対の短クッションまで走ってしまうのだ(下図:青線)。厚みに気を付けて、順引きがいいな。

081127

ただし、この引きだけで回す方法は、グルリとテーブルを1週回したいときなどに有効。強めに撞いても見越しによるズレが出ないし、引きの回転で手球が走ってくれるのだ。あ、もちろん、的球に対してやや薄めのときという条件が付く。球に対する厚みの違いで、手球の動きはイメージとまったく違うものになってしまう。手球を正しくコントロールするためには、正確な厚みで球を入れる必要があるのだ。

続きを読む "引いて回すとき"

| | コメント (0)

2008/11/25

グリップの握り方について

ビリヤードのフォームは、人によってまったく違う。体型も異なるなら、身体の柔軟性も異なる。誰かと同じフォームが、その人にとって撞きやすいフォームというわけではないのだ。もちろん、キューを真っ直ぐに出すためには、基本的に守らなくてはいけない部分もあるだろう。それでも、ビリヤード場を見渡してみると、さまざまなフォームがあって面白い。僕はビリヤードを始めた頃、いろんな人のフォームを観察して、「かっこいい」と思った人のフォームをマネしてみたりしていた。そこから、自分に合っている部分を吸収して、合っていない部分を排除していく。そして出来上がってきたのがいまのフォームだ。

さらにフォームを細かく見ていくと、グリップの握り方ひとつでも、いろいろな人がいることに気が付く。グリップの握り方で、キレやパワーが変わってくるだろう。細かいけれど、結構重要な部分なのだ。僕の場合は、中指と薬指と親指でグリップを握る。ストローク時は、中指と薬指の腹に、グリップ部分を軽く乗せている感じだ。グッと握り込むこときも3本。人差し指と小指は、少し浮いた状態にしておき、グリップにはほとんど触れない。ただ、両方の指が立ってしまうと(グワシ)、ちょっとかっこ悪いので、立たないように気を付けている。さて、なぜこんなグリップの握り方になったのかと言えば、握り込んだときのブレを考えたためだ。キューのグリップをグッと握ってみるとわかるが、人差し指を含めて握り込むと、キューを巻き込んでしまう。そこには、ねじれの運動が生まれるのだ。そして、小指を含めて握り込むと、今度は小指がキューを押すようになり、左右のブレが生じる。キュー先が揺れてしまう感じだ。中指と薬指だけで握り込むと、こうしたブレがなく、キューをそのままの状態で保ちやすい。というわけで、3本の指でグリップを握っている。

ただ、グリップの握り方はその人のフォームに依存するような気もする。僕のように中指、薬指、親指でグリップを握る方法は、スタンダードな、ヒジから真っ直ぐ下にグリップが降りてきているフォームに合っているように思う。グリップ位置がヒジよりも内側に巻き込んでいる感じの人は、人差し指を含めて握っている人が多いかも。最初から巻き込んでいるのだから、人差し指を含めて握ったときの巻き込みは、あまり関係ないのかもしれない。指の本数が多くなるし、数値だけでみたらきっと、こちらのほうがキューのパワーもキレも大きくなるだろう。さて、小指を含めた場合を考えると、これがいちばん、キューのパワーが大きくなるような気がする。人は力を入れるとき、小指が大事になる。例えば、腕相撲なんかで小指なしにすると、結構強い人も負けてしまう。ただ、小指を含めた握り込みが、いちばんズレが大きくなる気もする。だからブレイクなどではいいけど、通常のストロークは添える程度がいいかも。そうそう、グリップには、握るという感じではなく、ただ手を添えている程度の人などもいる。まぁ、どの握り方がいいとか、言えることでないのだけれど、ハードショットをするというのがひとつの目安になるかも。そのとき、球がブレずに入る握り方が、自分のフォームに合っている握り方に近いような気がするのだ。

続きを読む "グリップの握り方について"

| | コメント (3)

2008/11/23

【ムービー】クッションからヒネリで走らせる

以前「クッションからヒネリで走らせる」という記事を書いた。この球、練習してもいまだにイマイチ納得のいく動きをしてくれない。というわけで、記事内で紹介した配置とはちょっと違うが、そのショットを撞いてもらってムービーにし、分析してみることにした(下ムービー)。

やはり、ムービーのほうが格段にわかりやすい。引きを入れるというよりも、下からスッと上のほうに押し込んでいるといったほうがいいかも。だから、キューは下方に向かずに平行に出ている。クッションからの手球の動きをよく見ると、ヒネリの回転力でセンター方向に向かわずに、スルスルと長クッションに近い場所を進んでいく感じだ。このヒネリの入れ加減が難しい。このくらい残っていると、スルスルイメージ通りの走り方をする。ムービーにしてみて気が付いたのは、結構強めにクッションに入っているということ。弱すぎてもダメなのだ。と言っても、強すぎてもダメなのだが・・・。よし、これを参考にして、また練習してみよう。

続きを読む "【ムービー】クッションからヒネリで走らせる"

| | コメント (0)

2008/11/22

タップアンケートの結果

東京プール&キュー」のウェブサイトで実施されていた、シャフト&タップアンケートの結果が発表された。で、個人的にはやはりタップの硬さの比較が気になるところ。さっそく結果を見てみると、現在付けているモーリMは「5.1」だった。正確にはモーリ3なのでアンケートの項目とは異なるが、まぁモーリ3.5も同じ感じだとしよう。そして、注目はエベレストだ。なんと、モーリMと同じ「5.1」。硬さが同じということで、感触が近いのだろう。エベレストを使っていたM田さんいわく、エベレストはモーリのように締まって硬くなってしまうことが少ないとのこと。ここがいい。というわけで、さらにエベレスト熱が高まったわけだ。あとは・・・タイガーMは昔使っていてよかったので、戻してみてもいいかな、なんて。

アンケート結果(タップ編)は以下のリンクから
●タップ比較編


■【ビリヤード用品】TIP(タップ)モーリ Medum


■【ビリヤード用品】TIP(タップ)タイガーエベレスト


■【ビリヤード用品】TIP(タップ)タイガー M


続きを読む "タップアンケートの結果"

| | コメント (0)

2008/11/21

トばしやすい配置3つ

それほど難しくない配置なのに、結構トばしてしまうものがある。それは、同じ配置を練習で撞くと、それほど問題なく入れられるのだが、ゲームの流れの中などで遭遇するとトばしてしまうことが多い。どうも、入れ意外のことに意識がいってしまうのだ。

ひとつめは、クッション際の球を入れて手球を長クッションから垂直にバタバタで出す配置(下図)。少し厚めで、的球がクッションからやや離れているとトばす。的球がクッションに近いときは順押しで入れると、入れも出しもやりやすいが、クッションから少し離れるとヒネリを入れないで真を撞いたほうがコントロールしやすい。が、今度はバタバタで走らせる厚みを意識しすぎてしまって手球を置きにいってしまい、厚めにトばしてしまうのだ。

081121_01

ふたつめは、順で回して出す基本的な配置(下図)。コレ、入れるのも簡単だし、手球をセンター付近に出すのならミスしない。手球を長めに走らせる場合にトばすのだ。走らせようと意識して薄くトばす。また、3クッション目の位置をできるだけコーナーポケットよりにしたいときなどは、引きを強めにしようとしてトばすことが多い。3クッション目でクッションに手球がタッチするのが嫌で、より走らせようという変な意識も働いてしまう。

081121_02

みっつめは、ちょっと遠目の厚い球を、押して出したい配置(下図)。これは遠目ということもあり、やや入れは難しいが、入れるだけなら問題ない。向こうの短クッション際に次の的球があって、そこにポジションするために押したいけどあまり走らせたくない、手球を横に弾かせたくない、というような意識が働くとトばす。押し球というよりも、中心に近い撞点を押し込む感じで撞いてやるとうまくいくが、それでも入れようとして手球を置きにいってしまうと厚くトばす。

081121_03

これら3つの配置は、すべて変な意識をせずに、真っ直ぐキューを出すことだけ考えればそれほど難しくない。練習では入れようという気持ちが強いのでミスせずに入れて出せるが、ゲーム中となると変わってくる。「次の球に出す」という部分が意識の中にわき上がってしまうのだ。わかっているなら、その都度それを修整すればいいだけのことだが、それが簡単にできないところもビリヤードの難しいところだったりして・・・。まぁ、苦手な配置を目の前にしたら、とにかく気持ちを落ち着けて入れることを意識しよう。

続きを読む "トばしやすい配置3つ"

| | コメント (0)

2008/11/19

OB-1シャフトを使ってみた

ちまたで話題の(?)ハイテクシャフト「OB-1」を撞かせてもらった(下図)。このシャフト、最大の特徴は先角までメープルという点だろう。おそらくそれが影響しているように思うのだが、とにかく打感が柔らかいという印象。撞いた瞬間に腕に感じる衝撃が少ないのだ。なんか、すっごく軽く撞ける。それでいて、押し引きがキレる感じだ。軽く撞いたつもりが、手球がスーッと思った以上に戻ってくる。コレは、慣れが必要かな。力を入れているつもりがないのに球が戻ってくるというのは、ちょっといままでにない感覚でコントロールしにくかった。全体的に、やはりこのコントロールという部分で難しかった。いつもはDanDishawのノーマルシャフトで撞いているが、打感の強さというか軽さがまったく違うので、全然加減できないのだ。そうそう、見越しは少ない。だからヒネリを入れたら、ほとんど厚くトばしてしまった。僕は見越しがあったほうが扱いやすいので、こちらに関しても合わせるのが難しかったなぁ。と言っても、性能的にはすごくいい。個人的には、女性のプレーヤーにお勧めかな、という印象。撞いた感じが軽いし、キレもあるし。

081119

このOB-1、M田さんという方のシャフトなのだが、タップにエベレストが付いていた。それがすっごくいい感触だった。その後、同じバットにノーマルシャフトを装着して撞かせてもらったのだが、このシャフトのタップもエベレストだとか。こちらもいい。ということで、次のタップはエベレストにしてみよう。

【ビリヤードキュー】OB-1シャフトを購入
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む "OB-1シャフトを使ってみた"

| | コメント (4)

2008/11/18

素振りをしてみる

最近、細かいフォームのチェックなども兼ねて、家で素振りをしている。暗い。しかしコレ、意外に効果があるんじゃない? と考え直している。ビリヤードを始めた頃は、とにかく真っ直ぐキューを出そうと、家でよく素振りをしていた。500mlのペットボトルの底の部分を切り抜いて、その口にキューを通して練習するボトルトレーニングを取り入れていたのだ(下写真)。懐かしい、2004年3月29日の記事「ボトルトレーニング」でも紹介していたりして。いまはボトルトレーニングを取り入れるほど、真っ直ぐを意識するわけではないので使ってはいない。ただ単純に、構えてキューを出すという素振りを繰り返している。

仕事が忙しいために、あまりビリヤード場に足を運べないから素振りをしている、というのも理由のひとつだろう。と言っても、それ以上に、やはり細かい部分をチェックできるというのが最大の理由だ。球があって撞くというのは、感覚的な要素を磨くためにはいいのだが、球を入れるとか、球を真っ直ぐに撞くとか、球をこう出してみるとか・・・球に意識が向かってしまうので、フォームそのものをチェックするという意識は薄れてしまう。素振りは単純に、フォームそのものしか見ることができなくなるのだ。最近、この素振りで気が付いたことは、ブリッジの輪っかがきちんと締まっていないということ。やや開き気味になっていたので、キューがきちんと親指の付け根を通っていなかったのだ。そこでブリッジをギュッと絞り込むように意識してフォームを修整してみたところ、少し安定度が戻ってきた。あとは、ストロークの時にヒジの位置がやや内側に入っているとか、ただ素振りをしているだけでも、気が付くことが多い。

また、球を始めた頃にも素振りをしていたと述べたが、そのときよりも大きく異なることがある。それは、球がなくても球をイメージして撞くことができるということ。例えば、引き球とかヒネリとか、昔は球がないからできるわけがない・・・と思っていたようなことが、なんとなくイメージして撞ける。強く引く、とか、弱く引く、とか、素振りをすると手球の動きが何となく見えるのだ。だから昔よりも、いまの素振りは意外に面白かったりして。何というか、素振りというイメージの中で入る球は、実際に撞いても入るように思う。たぶん、端から見たらかな〜り暗い人に写りそうだけど、誰でも簡単に毎日続けられる練習なので、個人的にはお勧めかな。

続きを読む "素振りをしてみる"

| | コメント (2)

2008/11/17

Googleトレンドによると

Googleが提供しているサービス「Googleトレンド」は、入力した語句のトレンド状況を調べられるもの。インターネット上でどんな言葉が検索されているかとか、ニュース記事なんかを分析して割り出している。で、このサービスを使ってビリヤードを調べてみたのだけれど、ここ5年でどんどんと人気が下火になっている・・・。ちなみにダーツを調べてみたら、ちょうど4年ほど前に人気が上昇してビリヤードを抜き、少しずつ落ちては来ているもののビリヤードよりは人気がある感じ(下図)。最近、ビリヤード人口が増えて来ているし、CMもいろいろと見るようになってきたから人気がアップしているかな? と思っていたのだけれど、そうでもなかったらしい。いや、人気などが市場に反映されるのはもう少しあとのことだから、来年になったら上昇に変わるのかも。というか、変わってほしいなぁ・・・。

081117

ちなみに、図では青がビリヤードで、赤がダーツ。とりあえずは、ダーツ人気を上回ってほしい! かな。でも、もしあのバブル期のビリヤードブームが再来したら、どんなことになるのだろう? 当時は、遊びでビリヤードをやっていた程度だからよかったけど、いまの状況であれだけのブームになったら、それはそれでちょっと嫌になるかも、と、勝手な意見。と言っても、景気が回復しないと、ブームもないかもな。あ、Googleトレンドは以下のリンクから。

●Googleトレンド

続きを読む "Googleトレンドによると"

| | コメント (0)

2008/11/15

新たな目標

僕がビリヤードを始めたきっかけは、ケーブルテレビで見た9ボールの試合だった。昔のブームのときに結構遊びでやってはいたが、本気で練習とまでは行かなかった。それが試合を見て、ちょっとカッコいいからうまくなりたいと思ったところからスタートする。そして最初に掲げた目標は、「マスワリを出す」だった。ビリヤードの練習を始めて半年くらいした頃、相撞きをしていた人がマスワリを出した。普通の人がマスワリを出せるのだ、と、衝撃を受けた記憶がある。その後、3年ほどかかってマスワリを達成。続く目標としては「A級になる」というものを掲げた。ちょうど1年ほど前、ビリヤードを始めて約6年でそれも達成し、いまでは普通にマスワリも出せるようになっている。もちろん、胸を張って「A級です」と言えるレベルではないが、それでも一応はA級として球を撞いている。

ということで、この1年ほど、具体的な目標を持っていなかった。スキルアップしていくためには、やはり目標というものは大事で、本当は何か掲げたかったのだが、思い浮かばずにいただのだ。そしてやっと、次の目標が見つかった。それは「ボーラード300点」だ。目標は高いほうがいいと言うが、それでも高すぎるかな? ただ、僕が「この人はうまい」と感じる人は、ほぼみんな300点を出しているように感じる。よく、A級の目安として、ボーラード150点などと言われているが、それってすごく低いレベルなのだと感じることがある。6フレまで全部ストライクなら、あとはすべてガーターでも150点なのだ。300点出す人から見たら、こんな簡単なことはない。それだけ実力に開きがあるということにもなるだろう。台が甘くて、すっごく調子がよければ、250点くらいは出るかもしれない。偶然うまくいくということはあるので、偶然高い点数が出てしまうことがある。でも絶対に、偶然300点は出ない。しかも299点ではダメなのだ。300点がすごいことなのだ。きっと300点を目前にしたラックなどは、ものすごいプレッシャーがかかるだろう。その中で、きちんとすべて沈めていく。その精神力がすごいのだ。きっと300点を出したとき、ビリヤードに対する気持ちとか自信という面で、何か大きくレベルアップすると思う。その先を見るために、頑張ろう。

続きを読む "新たな目標"

| | コメント (0)

2008/11/14

より球を近づける

当たり前だが、遠くて薄い球は難しい。では、遠くて厚い球と近くて薄い球はどちらが難しいか? と考えると、断然遠くて厚い球が難しくて、近くて薄い球のほうが入れやすいだろう。しかも、近い球のほうが、手球を捻って入れるのも簡単だし、手球の回転もかけやすい。そう、手球は的球の近くにコントロールしたほうがいいのだ。もちろん、近すぎてもいけないが、できるだけ近くから近くという流れでポジショニングできれば、簡単に取り切れる。近いほうが手球の回転を使ったコントロールもしやすいし、微妙なポジショニングも可能になる。例えば手球を回すように、いったん次の球から離れた方向に向かう球というのは、どうも手球の進む距離が短くなりがちだ(下図)。しかも、的球に対して厚かったりすると、走らせるのが難しい。と言っても、きっと図の配置でも入れは簡単だろう。ただ、ここから例えば左端に球があって(図で)、そこにポジショニングするとなると難しくなる。これがもっと、あと1ポイントでも的球に近づけば、そんなに難しい球と感じることはないはずだ。

081114

ポケットは入れて出す、というのが基本中の基本だが、ウラを返せばというか、簡単にそれを実現するには、入れやすい場所に出し続けるということ。ということで、的球にできるだけ近づけるという意識を持って撞くようにしている。これまで、邪魔な的球に隠れてしまうから嫌だなぁ・・・とか、入れが厳しくなるから我慢しようとか、難しい場面では我慢して遠目から入れるようにしていたが、それでどんどんとポジションを悪くしてクビを締めてしまう場面も多い。それなら最初から、良い場所にポジショニングするようにして入れるほうが取り切りやすいだろう。もちろん、セットマッチでのセット数とか配置とか、残り球の数とか、いろいろとその場の状況に合わせる必要があるが、挑戦できる場面では近づける手球の動きにトライしたいと思っている。

続きを読む "より球を近づける"

| | コメント (0)

2008/11/13

なぜか球を撞く人には・・・

SE(システムエンジニア)が多い! そもそも、SEという職業の人が都内に多いのだろうか? ハッキリした理由はわからないが、とにかく僕の周りには球を撞くSEの人が多いのだ。ビリヤードって、やっぱり文系よりも理系向きな感じがするし、球を撞く人は理系のほうが多いような気がする。ちなみに僕もバリバリの理系人間だ。関西方面とかはどうなのだろう? やっぱりSEの人が多いのだろうか?

続きを読む "なぜか球を撞く人には・・・"

| | コメント (0)

2008/11/12

より手前に引いてくるためには

より手前に引いてくるといっても、例えばロングドローのようにたくさん引く、というわけではない。ちょっとフリのある球などで、より手前のクッションに引いて持ってきたいということだ。的球をコーナーに入れ、手球を手前のクッションに入れたいけれどサイドポケットが気になる・・・なんて配置はよく出くわす(下図)。そこで強い引きを入れようと思って撞くと、全然球は手前に戻ってこなかったりするのだ。強く撞くと、それだけ手球が横に弾けて走ってしまうので、こういう配置の場合に向こうに行ってしまう。なるべく戻そうとして、強く引きを入れよう入れようとしてしまうが、そうすればするほど、手球は向こうに逃げてしまうというわけだ。このことを聞いたとき、なるほど、と目から鱗だった。

081112

こうした配置で手球を戻したい場合、順のヒネリで的球を厚めに狙って引くのがいい。これは以前書いた、サイドの球を入れて手球の勢いを殺すというものに近い。ヒネリの回転が加わることによって、手球が向こうに向かう回転も押さえ込む。そしてこれもサイドの球同様、弱めに撞くのがコツだ。引きで戻せる限界の力下限で、しかもヒネリを加えつつ撞く。どちらかと言えば、的球への厚みに気を付けて撞くといいそうだ。厚みが厚ければ厚いほど、手球を手前に戻してこれる。手球を戻すというと、どうしても強くなどと思って力んでしまうが、それはまったく逆で、弱く撞くほど戻せるのだ・・・う〜ん、奥が深い。

続きを読む "より手前に引いてくるためには"

| | コメント (0)

サイドに入れて走らせる球

先の日記にも書いたのだが、的球をサイドに入れて、手球を短クッションに向かわせて走らせるポジショニングは難しい。例えば、手球が進む方向に邪魔な球がなければ、短ー長の2クッションに入れて走らせるなんてことができるだろう。しかし、たいていの場合は邪魔な球があったり、いろいろと細かいポジショニングが必要な場面が多い。サイドの取り方って、本当にいろいろと困ってしまう。

センター付近の球をサイドにポケットして、手球を向こうの短クッションに入れてからセンター付近にポジショニングしたい場合。球の動きとして最もわかりやすいのは、そのまま真っ直ぐ手球をバタバタさせるポジショニングだろう。しかし、この方法だと、本当に短クッションに向かって手球を真っ直ぐに走らせる必要があり、コントロールが難しくなる。厚みのズレとか、手球に対する押し引きの回転の調節とか、さまざまな要素が絡むので、なかなか真っ直ぐに戻してこれないだろう。このような配置の場合、押しの順でクッションから戻してくる取り方が簡単だと教えてもらった(下図)。図の場合は、右上を撞く。いったんセンターからスーッと離れた手球は、短クッションでヒネリの回転により、グッと手前に戻ってくるのだ。クッションからヒネリの回転で勢いが殺されることもあり、力の調節もしやすい。スーッとセンター付近に手球が進んでくれるのだ。

081111_02

ただ真っ直ぐに手球をバタバタ出走らせるよりも、手球のコントロールがしやすい。ほかにも、手球をセンターに戻してくる方法としては、引きで順を入れて短ー長、押しで逆を入れて短ー長、という方法もあるだろう。サイドの球を入れて手球をコントロールするのは難しいけれど、こうしたいろいろな方法でポジショニングするテクニックも身に付けていく必要がある。

続きを読む "サイドに入れて走らせる球"

| | コメント (0)

2008/11/11

サイドポケットでの殺し球

手球にヒネリを加えて、的球に弱めに当てると、ヒネリの回転によってスロウが出る。それを利用すると、かなり厚めに的球を狙うことが可能だ。そして手球が厚く入るということは、それだけ勢いが殺されて、手球が進まないということになる。例えばサイドポケットで逆フリになり、あまり手球を走らせたくない場面では、この方法が有効だと教えてもらった(下図)。的球を、サイドポケットに厚めに狙い、あとはヒネリでポケットに持って行くように入れる。手球を弱めに撞けば撞くほど、的球を厚めに狙えるし、より手球の勢いを殺すことができる。ちょっと逆振った場合、強めに撞いて走らせることも可能だが、特にサイドの球を入れて走らせる際は、手球の長クッションへの入り方も難しいし、手球を進める距離の調節も難しくなる。無理せず、手球の勢いを殺して、なるべく進めないようにするというのが得策なのだ。

081111

実はこの撞き方、的球に厚く入っている、手球の勢い自体が弱い、という理由以外に、もうひとつ手球の勢いを殺す要素が含まれている。それは、ヒネリの真横の回転が手球にかかっているために、手球が進まないというものだ。手球が進むには、必ず押しの回転が必要だ。例えば上図の配置を球成りで撞いたとすると、手球には押しの回転が必ずかかってしまい、それが手球を進める原因になる。真横の回転を生かすことで押しの回転がかからないようにし、手球を進めないのだ。手球が進むのは、いわゆるラシャを滑るぶんだけということになる。3つの要素で、手球の勢いを殺しているというわけだ。そしてちょっと応用になるのだが、よくサイドに入れて手球が向こうのコーナーにスクラッチしそうな場面に出くわす。このとき、同様に真横の回転を使って的球をサイドに入れると、スクラッチの危険性がなくなるのだ。まず、厚めに入れられるのでコーナーに手球が向かいにくいという点が挙げられる。そして、真横の回転により、的球にぶつかるまで手球に押しの回転がかからない。そのため、手球には向こうのコーナーに向かうような回転がまったく入らなくなるのだ。サイドポケットは、コーナーよりも穴が広くて入れやすいこともあるが、配置によっては手球のコントロールがものすごく難しくなる。こういう細かい手球の動きを覚えておくと、きっと役に立つ場面は多々あるだろう。いろいろと教えてもらったことなのだが、ビリヤードって物理なんだなぁ・・・なんて、改めて感じてしまった。

続きを読む "サイドポケットでの殺し球"

| | コメント (0)

2008/11/10

クッションからヒネリで走らせる

とっても不思議な球がある。クッションに入った手球が、そのままスッとクッションに沿って前に進んでいく球だ(下図)。例えば切り返しなどでも見られることがある。この球、原理はわかるのだが、実際にやってみようと思っても全然できない。手球の勢いが強すぎて弾けてしまったり、手球の回転が足りなくて前に進まなかったり・・・。この不思議な球を、AKさんに実際に撞いてもらっていろいろと教えてもらった。「簡単ですよ」なんてスッと撞いて見せてもらったが、やっぱり全然簡単じゃない。特に下図のように、どうしても2番に対して左下(図で)に手球をポジショニングしたい場面はあるだろう。1番をコーナーに入れてバタバタで出したり、1番をサイドに入れて球成りで走らせたりと、左上(図で)に手球をコントロールするのなら僕でもそれほど難しくなくポジショニングできる。が、それでは2-3のコンビという難しい配置に挑戦しなくてはいけなくなる。ここは手球を左下(図で)にポジショニングしたい場面なのだ。

081110

手球の右端少し下を撞点にして撞く。少しだけ引きを入れているわけだが、これは手球が的球にぶつかったときに、ちょうどヒネリの回転だけが残るように調節するもの。的球にぶつかった手球は横回転だけを残してクッションに入り、そのままヒネリの力で前方に進んでいく・・・そうだ。原理としてはよくわかる。が、実際にやってみると、引きの加減とか手球の勢いの調節が難しい。しかもマックスにひねって的球を入れる必要もある。ちょっと練習しては見る物の、どうも、入れよう入れようとしてしまって、撞く瞬間に撞点が中心付近によってしまい、ヒネリの回転が足りなくなる。ヒネリを乗せようとしてキューを出すと、今度は弾けて手球が横に開いてしまうし・・・。こういう細かい球が撞けるようになれば、きっと取り切りも楽になって行くのだろう。この球、マスターしなくては。

続きを読む "クッションからヒネリで走らせる"

| | コメント (4)

2008/11/07

プロのブログ

仕事がら、有名人や著名人などのブログをちょこちょこ覗くことが多い。最近は、ひと昔前に比べて、多くの人がブログで日記を書いており、その人の趣味だとか持ち物だとかプライベートに関する情報が、公式サイトのプロフィールなんかよりも詳しくわかってしまったりする。さて、なぜそんなものをチェックしているのかと言えば、「マックを使っているかどうか」を調べているのだ。で、マックを使っていれば取材を申し込む。あ、マックとはコンピューターのマックのことだ。

そんなわけで、ビリヤードのプロのブログなんかもときどきチェックしている。が、当たり前だが球の話が中心で、マックを使っているかどうかなんてわからないことがほとんどだ。と、そんなふうにブログを徘徊していたら、土方Pのブログを発見。あら、いつの間にかブログをスタートさせていたのだね。ビリヤードって、プロと一般のプレーヤーとの間にあまり壁がなくって、普通に球を一緒に撞けたりする。個人的には、それってものすごいことで、すっごくビリヤードのいいところだとも思っている。プロもアマも、男性も女性も、日本人も外国人も、大人も子どもも・・・相手が誰であろうと、球は一緒に撞けるのだ。土方Pのブログを読んで、改めてそう感じた次第。最近、時間が合わなくてあまり会うことがないけれど、今度また機会があったら撞いてもらおう。

あ、土方Pのブログはこちら
●土方隼人オフィシャルブログ「MyMission」

続きを読む "プロのブログ"

| | コメント (0)

2008/11/06

3クッションでサイドバンク

9番で狙いがバンクしかない、しかもそれがコーナーバンクだったりすると、「困ったなぁ・・・」ということになる。さらにそれが5-9で、2ダシが必要だったりすると、さらに困ってしまう。しかもすでに手球がヘッドゾーンにあったりしたら、テーブルを1週グルリと回す必要がある(下図)。と、そんなとき、9番をコーナー付近の短クッションでクッションさせて、コーナーを横切ってサイドポケットに入るという方法を教えてもらった(下図:赤線)。かなり高度なテクニックではあるが、やってみると意外にサイドポケットに向かってくれる。しかも、コーナーバンクよりも薄めに狙えるために、手球を回してくるのが楽だ。

081106

とは言え、このショットを確実に決められるようになるのは難しいだろう。ただ、場面によっては、9番をコーナーバンクで狙う際に、ちょっと薄めに狙うという狙い方ができる。薄すぎて手前の短クッションに入った場合、サイドポケットに向かってくれる可能性が出てくるのだ。普段、普通に9ボールをプレーしていては、こんな取り方は思いつかないし必要もない。5-9ならではの取り方とか手球の動かし方だと言えるだろう。いろんな球の取り方があって、面白いなぁ。そうそう、9番の位置なのだが、短クッションから1〜2ポイントくらいの間にあると、このショットが決まりやすい。コーナーに対して、角度が狭すぎても広すぎても、ちょっと難しいかな。

続きを読む "3クッションでサイドバンク"

| | コメント (0)

シャフト&タップのアンケート

渋谷にあるビリヤードショップ「東京プール&キュー」のウェブサイトで、シャフトとタップのアンケートが行われている。シャフトやタップについて、使っている人がその使用感を答えるというものだ。ハイテクシャフトなどは、現在たくさんの製品が出ていて、どれが自分の好みのものなのかわかりにくい。アンケートによって、それぞれの特性が目安として出てくるだろう。個人的にもとても気になる。ということで、さっそくアンケートに答えてみた。

アンケートは以下のサイト
●タップ&シャフト アンケート

参加者を募っているようなので、興味がある方はぜひ!

続きを読む "シャフト&タップのアンケート"

| | コメント (0)

2008/11/05

左にズレる

ジャンプショットをすると、的球を右にトばすことが多い。手球が、狙っている方向よりも左にズレているのだ。これはジャンプショットに限らず、立てキューなどの難しいショットでよく現れる。原因は、キューのコジリや、そもそも撞点がズレているなどいろいろと考えられる。また、緊張してキューが出ないときなども、同様に右にトばす。例えば通常のショットの場合は、それほど大きなズレは生まれないので、キューさえきちんと出せばほぼ真っ直ぐに撞ける。問題は、立てキューやジャンプだ。特にジャンプは大きくズレてしまう。Air Shooterからスレッジハンマーに変わったという部分も大きいだろう。スレッジのほうが、ジャンプ時のズレは大きいように思う。

ちょっとそこで考えてみた。このズレを修整するほうがいいのか、それともズレているとわかりながらわざと右寄りを狙ったほうがいいのか・・・。以前、立てキューのときに同じようなズレが生じたが、それはズレ自体を修整することができた。左足を真っ直ぐにすると、狙いも定まってキューも真っ直ぐに出てくれる。が、それがジャンプとなると修整が難しい。と言ってもやっぱり、何球も撞いて、ズレを修整していくほうがいいのかな? ジャンプは、手球の位置や的球の位置によって、キューの角度も体の覆い被さり方も、スタンスの位置も変わってくる。そのすべての部分で修正が必要だとすると、気が遠くなるなぁ・・・。とりあえずは、撞きやすい配置だけはズレないよう、練習するとしよう。

続きを読む "左にズレる"

| | コメント (2)

2008/11/04

アンラッキー過ぎる

ブレイクでポケットした球の最高数は3個だった。これまで数え切れないほどブレイクしているのに、だ。相当ヘタか、相当運がない。まぁ、ハードブレイクではなく、基本的にはコントロールブレイクをしている。だから、的球が1個でもポケットされて、手球がセンター付近に止まってくれれば十分だ。と言っても、たまには4個くらい入ってほしいものだ・・・と思ったら、4個インした! ただし、結果は最悪(下図)。手球が完全に8番に隠れている。

081104

あまりにも運がなさ過ぎる。こんなに球が落ちているのに、よりによっていちばん当てられないに近い位置に手球が来るとは・・・。もともとビリヤードに関しては、いつも運がないのだが、こんな配置を目の当たりにするとガックリ来てしまう。

続きを読む "アンラッキー過ぎる"

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »