« サイドに入れて走らせる球 | トップページ | なぜか球を撞く人には・・・ »

2008/11/12

より手前に引いてくるためには

より手前に引いてくるといっても、例えばロングドローのようにたくさん引く、というわけではない。ちょっとフリのある球などで、より手前のクッションに引いて持ってきたいということだ。的球をコーナーに入れ、手球を手前のクッションに入れたいけれどサイドポケットが気になる・・・なんて配置はよく出くわす(下図)。そこで強い引きを入れようと思って撞くと、全然球は手前に戻ってこなかったりするのだ。強く撞くと、それだけ手球が横に弾けて走ってしまうので、こういう配置の場合に向こうに行ってしまう。なるべく戻そうとして、強く引きを入れよう入れようとしてしまうが、そうすればするほど、手球は向こうに逃げてしまうというわけだ。このことを聞いたとき、なるほど、と目から鱗だった。

081112

こうした配置で手球を戻したい場合、順のヒネリで的球を厚めに狙って引くのがいい。これは以前書いた、サイドの球を入れて手球の勢いを殺すというものに近い。ヒネリの回転が加わることによって、手球が向こうに向かう回転も押さえ込む。そしてこれもサイドの球同様、弱めに撞くのがコツだ。引きで戻せる限界の力下限で、しかもヒネリを加えつつ撞く。どちらかと言えば、的球への厚みに気を付けて撞くといいそうだ。厚みが厚ければ厚いほど、手球を手前に戻してこれる。手球を戻すというと、どうしても強くなどと思って力んでしまうが、それはまったく逆で、弱く撞くほど戻せるのだ・・・う〜ん、奥が深い。


関連記事

|

« サイドに入れて走らせる球 | トップページ | なぜか球を撞く人には・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドに入れて走らせる球 | トップページ | なぜか球を撞く人には・・・ »