« サイドポケットでの殺し球 | トップページ | より手前に引いてくるためには »

2008/11/12

サイドに入れて走らせる球

先の日記にも書いたのだが、的球をサイドに入れて、手球を短クッションに向かわせて走らせるポジショニングは難しい。例えば、手球が進む方向に邪魔な球がなければ、短ー長の2クッションに入れて走らせるなんてことができるだろう。しかし、たいていの場合は邪魔な球があったり、いろいろと細かいポジショニングが必要な場面が多い。サイドの取り方って、本当にいろいろと困ってしまう。

センター付近の球をサイドにポケットして、手球を向こうの短クッションに入れてからセンター付近にポジショニングしたい場合。球の動きとして最もわかりやすいのは、そのまま真っ直ぐ手球をバタバタさせるポジショニングだろう。しかし、この方法だと、本当に短クッションに向かって手球を真っ直ぐに走らせる必要があり、コントロールが難しくなる。厚みのズレとか、手球に対する押し引きの回転の調節とか、さまざまな要素が絡むので、なかなか真っ直ぐに戻してこれないだろう。このような配置の場合、押しの順でクッションから戻してくる取り方が簡単だと教えてもらった(下図)。図の場合は、右上を撞く。いったんセンターからスーッと離れた手球は、短クッションでヒネリの回転により、グッと手前に戻ってくるのだ。クッションからヒネリの回転で勢いが殺されることもあり、力の調節もしやすい。スーッとセンター付近に手球が進んでくれるのだ。

081111_02

ただ真っ直ぐに手球をバタバタ出走らせるよりも、手球のコントロールがしやすい。ほかにも、手球をセンターに戻してくる方法としては、引きで順を入れて短ー長、押しで逆を入れて短ー長、という方法もあるだろう。サイドの球を入れて手球をコントロールするのは難しいけれど、こうしたいろいろな方法でポジショニングするテクニックも身に付けていく必要がある。


関連記事

|

« サイドポケットでの殺し球 | トップページ | より手前に引いてくるためには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドポケットでの殺し球 | トップページ | より手前に引いてくるためには »