« アンラッキー過ぎる | トップページ | シャフト&タップのアンケート »

2008/11/05

左にズレる

ジャンプショットをすると、的球を右にトばすことが多い。手球が、狙っている方向よりも左にズレているのだ。これはジャンプショットに限らず、立てキューなどの難しいショットでよく現れる。原因は、キューのコジリや、そもそも撞点がズレているなどいろいろと考えられる。また、緊張してキューが出ないときなども、同様に右にトばす。例えば通常のショットの場合は、それほど大きなズレは生まれないので、キューさえきちんと出せばほぼ真っ直ぐに撞ける。問題は、立てキューやジャンプだ。特にジャンプは大きくズレてしまう。Air Shooterからスレッジハンマーに変わったという部分も大きいだろう。スレッジのほうが、ジャンプ時のズレは大きいように思う。

ちょっとそこで考えてみた。このズレを修整するほうがいいのか、それともズレているとわかりながらわざと右寄りを狙ったほうがいいのか・・・。以前、立てキューのときに同じようなズレが生じたが、それはズレ自体を修整することができた。左足を真っ直ぐにすると、狙いも定まってキューも真っ直ぐに出てくれる。が、それがジャンプとなると修整が難しい。と言ってもやっぱり、何球も撞いて、ズレを修整していくほうがいいのかな? ジャンプは、手球の位置や的球の位置によって、キューの角度も体の覆い被さり方も、スタンスの位置も変わってくる。そのすべての部分で修正が必要だとすると、気が遠くなるなぁ・・・。とりあえずは、撞きやすい配置だけはズレないよう、練習するとしよう。


関連記事

|

« アンラッキー過ぎる | トップページ | シャフト&タップのアンケート »

コメント

連続ですいません。。
立てキューのときに左足を意識するというのはいいですね!参考にさせていただきます^^

ずれに合わすのはなく、やはりできたら修正したいところですよね。通常のショットでも癖に合わしているA級も見かけますが、伸びにくいですね。。

私も右利きですが、昔、同じ症状で悩んでおりました。
それも通常のショットでも特にハードショットで手球が左にずれる癖がありました。
その時は、要するにキューが真っ直ぐ出てないというよりも、構えから微妙に左に向いていて、そういう時は、構えていても、ああ、またずれるな・・・という、気持ち悪い感じになります。
ご存知のとおり、人それぞれで、腰、肩、肘、グリップなどを意識して左方向にわずかに傾いている部分を矯正するわけですが、私の場合は特に肩が明らかにそういう時は、左を向いていました。向いているというより角度が前のめりに少しだけなっていたと言った方がいいかもわかりません。
もっと言うと、肩というより鎖骨の角度という方がいいかもわかりません。
段々わけがわからなくなってきましたね(笑)

特に立てキューや、ジャンプの場合は、ほとんどの人がその傾向があると思います。
そして、その意識した角度の肩だけを支点に、極端に言うとそれ以外はボールを投げるように全部動かして、真っ直ぐ突く!
というくらいの気持ちで振ると私は修正できました^^

投稿: 某プロ | 2008/11/05 20:55

やっぱり、ズレに合わせるよりも、修整したほうがいいですよね。真っ直ぐ撞けるようになれば、そこからいろいろなショットへの応用が利きます。ズレを合わせても球は入るようになるのでしょうが、少し変化したショットになると、さらにそこからズレたぶんを合わせる必要が出てきてしまう気がします。

構えてみて気持ちの悪さを感じ取る場面はありますね。そのときは、ほとんどトばしますね。そうとわかっているのに、繰り返してしまう・・・そこできちんと構え直す勇気がほしいです。

僕の場合は、通常のストロークではヒジの下にグリップを持ってきているのですが、コジるときはヒジが外側に開いてしまっているような気がします。あと、コジリがよく出る日は、肩胛骨の内側が張ってしまって痛くなります。きっと何かしら無理をして合わせてしまっているのでしょう。ズレている部分を意識して、あとは真っ直ぐという撞き方、参考になります。コジリが見えたら、ちょっとヒジの位置を意識して、真っ直ぐ撞いてみようと思います。

投稿: アライ | 2008/11/06 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンラッキー過ぎる | トップページ | シャフト&タップのアンケート »