« シャフト&タップのアンケート | トップページ | プロのブログ »

2008/11/06

3クッションでサイドバンク

9番で狙いがバンクしかない、しかもそれがコーナーバンクだったりすると、「困ったなぁ・・・」ということになる。さらにそれが5-9で、2ダシが必要だったりすると、さらに困ってしまう。しかもすでに手球がヘッドゾーンにあったりしたら、テーブルを1週グルリと回す必要がある(下図)。と、そんなとき、9番をコーナー付近の短クッションでクッションさせて、コーナーを横切ってサイドポケットに入るという方法を教えてもらった(下図:赤線)。かなり高度なテクニックではあるが、やってみると意外にサイドポケットに向かってくれる。しかも、コーナーバンクよりも薄めに狙えるために、手球を回してくるのが楽だ。

081106

とは言え、このショットを確実に決められるようになるのは難しいだろう。ただ、場面によっては、9番をコーナーバンクで狙う際に、ちょっと薄めに狙うという狙い方ができる。薄すぎて手前の短クッションに入った場合、サイドポケットに向かってくれる可能性が出てくるのだ。普段、普通に9ボールをプレーしていては、こんな取り方は思いつかないし必要もない。5-9ならではの取り方とか手球の動かし方だと言えるだろう。いろんな球の取り方があって、面白いなぁ。そうそう、9番の位置なのだが、短クッションから1〜2ポイントくらいの間にあると、このショットが決まりやすい。コーナーに対して、角度が狭すぎても広すぎても、ちょっと難しいかな。


関連記事

|

« シャフト&タップのアンケート | トップページ | プロのブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャフト&タップのアンケート | トップページ | プロのブログ »