« 【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ | トップページ | MUSASHI »

2008/12/01

引き球ブレイク

ブレイクキューをスレッジハンマーに変えてから、引き球のコントロールブレイクにしている。パワーブレイクのときは、手球が暴れることが少ないので、ビタ止めを意識して体重を乗せるように撞いていたが、スレッジハンマーは先角が丸いので撞点がすっごくシビア。ビタ止めしようと思っても、前に行ったり後ろに行ったり・・・。とりあえず、横にズレて手球にヒネリの回転が加わってしまうということは少ないのだけれど、それでも真撞きで止めることは難しい。そこで考えて、やや引き気味のブレイクにしてみた。ちょっとだけ引くとかそういうレベルではなくて、手前の短クッションから跳ねて進むくらい大きく引く感じだ(下図)。ブレイクの仕方も、パワーブレイクのときのようにドンっという意識ではなくて、キュー先で手球を切るような、スパンっという感じ。たくさん球が落ちるということはあまりないが、結構キレイに球が散ってくれる。

081201

このブレイクのいいところは、1番がいい場所に止まるということ。手球に引きの回転があるので、1番がサイドポケットよりもフット側でクッションに入る。そしてそのままテーブルのセンター付近からややヘッド側で止まることが多いのだ。手球は引きで戻しているため、ヘッド側の短クッションから少し浮いたところにある。1番をサイドポケットに狙えることはもちろん、左下の遠目のコーナーに狙えることも多い。そしてだいたいほかの球はフット側に固まっているので、押しでネクストを取りやすいということもある。なんか、このブレイクにしてから、マスワリの数は増えたように思う。ただ、もう少し、強めにブレイクしたいなぁ・・・。強くすると、逆に1番が走りすぎたり、手球が走り過ぎたりで、すっごく悪い配置になることがある。やっぱりあきらめてコントロールに徹するのがいいか・・・。


関連記事

|

« 【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ | トップページ | MUSASHI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ | トップページ | MUSASHI »