« ハードに撞いて横に走らせる球 | トップページ | 球の軌道が見えるビリヤード台 »

2008/12/12

引きの加減の難しさ

ある程度簡単な配置になれば、きちんと取り切れるようになってきた。簡単な球の入れミスはもちろん、フリのミスなども少なくなってきた結果だろう。簡単な入れと出しが続けば、手球のコントロールもスムーズにできる。が、まだまだときどきミスしてしまう配置がある。それが引きでポジショニングするもの。ビリヤードのポジショニングは、微妙な手球のコントロールが必要だ。手球をクッションに入れる場所も、1ポイント、いや半ポイントの範囲の中でコントロールしながら取り切っていく。その微妙な加減が、引き球はやりにくいのだ。思っていたよりも引けて角度がなくなってしまったり、逆に手球が横に滑って角度が開いてしまったり・・・。そして、手球がサイドスクラッチするというパターンが多くなった(下図)。まぁ、スクラッチがあるために、これまでなら避けていた出しのコースに挑戦しているという理由もあるだろう。サイドポケットの半ポイント隣にクッションさせたいという狙いだ。だが、それでも、やっぱりスクラッチはなくしていかなくてはいけない。

081212

引き球は、強く引こうとしてバシッと撞くと、フリがあった場合に手球が弾けて横に走ってしまうことが多い。もちろん、押しでも同じように弾けてしまうのだが、引きのほうがキレをアップさせるのが難しいためバシッとキューを出してしまうことがあるのだ。本当は、スッと優しくキューを出して、キレだけをアップできればいいのだが、押しに比べて難しい・・・。そして、スッと出すイメージでうまく撞けた! と思ったら、今度はキレがありすぎて手球が狭い角度で戻ってきてしまい、引きすぎたりなど、イメージと異なるラインを走ってしまうなんてこともある。引きのラインは、本当に微妙なコントロールが難しい。的球の厚みに気を付けながら、より慎重に、ラインを読んでいく必要がある。


関連記事

|

« ハードに撞いて横に走らせる球 | トップページ | 球の軌道が見えるビリヤード台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハードに撞いて横に走らせる球 | トップページ | 球の軌道が見えるビリヤード台 »