« 球の軌道が見えるビリヤード台 | トップページ | 肩甲骨のストレッチ »

2008/12/13

懐かしぃ・・・っていうか恥ずかしい時代

ハードディスクを整理していたら水野美紀さんの画像が・・・なんて話を書いたが、実はほかにも懐かしいファイルなどが見つかった。このブログを立ち上げる前に、ひそかに運営していた「なんビリ」のデータもそのひとつ。もともとはブログ形式ではなくて、普通のサイトに日記として記事をアップしていた。一緒に、フォームやストロークについて図解で説明を入れているページなども用意していたが、いま見るとあまりにもお粗末で笑える。フォームも、いまとは全然違ったりして・・・。トップページにタイトル(ロゴ)があったのだが、コレは何となく現在のタイトル部分に近いかな(下図)。う〜ん、懐かしい。

081213

しばらくこのサイトを続けていたのだが、それがブログの登場とともに、日記形式での運営が簡単でわかりやすいと思い、ココログにて再スタートした経緯がある。2004年の2月10日のこと。もうすぐ丸5年になる。記念すべき(?)最初の記事は以下のリンクから。
●なんビリ:はじまり

ビリヤードを始めて3年くらいか・・・。いま思い出すと、この頃って、やっとある程度きちんと真っ直ぐ手球を撞けるようになり、狙っている通りに球が入るようになってきたくらい。調子がよければ、何個か連続で球を入れられるし、ちょうど初マスワリが出たくらいかなぁ・・・。マイキューも手に入れているし、引きとか押しとかヒネリなんかもできちゃっている。「俺って相当ビリヤードうまいんじゃない?」なんて思っていたかも。ほぼ無敵モード。そんな感じだから、偉そうにビリヤードを教えたくなってレクチャーしたり・・・。ブログをスタートしたのは、自分のスキルアップのための記録として使いたいからという理由もあるが、ちょっと自慢したいなんて考えもあったのかもしれない。いま思うと、本当に寒い。あんなへたくそな状態で、人に教えていたのだから笑ってしまう。当時の自分と対戦したら、5先を100回やっても全部勝てる自信がある。でも、当時よりも自分の技術の足りなさを感じているし、上級者とのレベルの違いを感じているし、球の深みでもがいている・・・そして何より、当時よりもビリヤードの難しさを痛感している。だけど、ビリヤードに対する取り組み方とか愛情とか楽しさなんかは変わらないんだよなぁ。なんか感慨深い。


関連記事

|

« 球の軌道が見えるビリヤード台 | トップページ | 肩甲骨のストレッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43399541

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしぃ・・・っていうか恥ずかしい時代:

« 球の軌道が見えるビリヤード台 | トップページ | 肩甲骨のストレッチ »