« セクシーショット | トップページ | 手球がショートしてしまう配置 »

2008/12/08

クッション際は引きだけで戻す

クッション際に的球があり、やや順フリの手球をクッションに沿って戻したいとき、順のヒネリを入れて、引き+クッションでのヒネリの力で戻すことが多かった。クッションまでに手球の勢いがある程度殺されていれば、そこからはヒネリの力も加わって、スッと手球が手前に戻ってくる。しかしこの球、うまく手球の勢いが殺されていないと、クッションから勢いよく横に流れてしまうことがある。手球が横に走りすぎて、次の球に薄くなってしまうのだ。実はこの球、引きだけで戻してやったほうが、クッション際をキレイに走ることがわかった(下図)。厚みが薄くならないように注意しながら、引きだけで的球を入れるのだ。すると、意外なくらい横に手球が流れることなく、クッション際をスルスルと戻ってくる。

081208

ただ引くだけなので、ヒネリを加えて戻すよりも、手球の距離をコントロールしやすいという利点もある。こういう、実はヒネリを入れないほうが、うまいことポジショニングできる球って、結構多いように感じる。どうも最近、捻って入れることに抵抗がなくなってきたこともあり、ヒネリを多用しすぎているかもしれない。フリと厚みでコントロールしたほうが、きっと入れも安定するだろう。同じような配置を、ヒネリあり/なしといったもので試してみるなど、ヒネリを使わない取り方も覚えて行くのがいいのかもしれない。


関連記事

|

« セクシーショット | トップページ | 手球がショートしてしまう配置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セクシーショット | トップページ | 手球がショートしてしまう配置 »