« 初撞き | トップページ | ブレイクのブリッジ »

2009/01/03

右からのブレイク

先日のKSさんとの相撞きの際、いつものブレイクでは球の割れ方が甘かった。僕は左側からブレイクしているのだが、このときの台は右側からブレイクしたほうが割れるとのこと。が、問題がひとつ。ほとんど右側からブレイクしたことがないので、うまくできないのだ。挑戦してみると、やっぱり手球はスクラッチ。しかも、1番に当たってそのまま真っ直ぐコーナーポケットに吸い込まれるという最悪のもの。1番の真ん中を狙っているのに・・・。景色が違うと、狙いが全然変わってきてしまう。そこがビリヤードの難しいところ。

ただ、こういうものをちゃんと練習していないというのが問題だ。しばらく右側からブレイクしていたら、だんだんと慣れてきて、1番に真っ直ぐ当てられるようになってきた。結局、これまでちゃんと体が覚えていなかったという証拠だ。ちょっと練習すれば、うまくはならなくてもきちんとできるようになるものだろう。そういうちょっとした練習をおろそかにしてしまうことが多い。ほかには、メカニカルブリッジとか・・・。少し練習すればうまくなるものは、放っておかないで、時々練習していかなくてはいけないな。


関連記事

|

« 初撞き | トップページ | ブレイクのブリッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43624638

この記事へのトラックバック一覧です: 右からのブレイク:

« 初撞き | トップページ | ブレイクのブリッジ »