« 高橋邦彦の14日間ビリヤード上達プログラム | トップページ | ミニチュア風写真の作成 »

2009/01/06

狭い角度で押して出す

KSさんと撞いているときに、あまり見たことがない球の動きがあった。長クッション際の厚めの球を入れて手球を押し、向こうの短クッションから手前に進める球なのだが、短クッションから狭い角度で走ってきたのだ(下図)。クッション際の厚めの球を入れる際、逆ヒネリを入れて走らせることはある。ただしこの方法だと、邪魔な球があるので隠れてしまう可能性が高い。手球のコースを短クッションで調節して、邪魔な球がないコースを走らせれば、隠れる心配はないのだ。

090106

この球は、左上を撞いているとのこと。どちらかと言えば、左よりも上を重視したほうが手球が走るようだ。原理としてはわかるのだが、この球、実際に撞いてみると難しい。手球が弾けてしまって、短クッションからの角度が開いてしまったり、順のヒネリが強すぎて手球の勢いがクッションで死んでしまって走らなかったり・・・。順の回転で短クッションの角度を狭めつつ、押しの回転で球をス〜っと走らせる。これが本当に難しい。以前紹介した、「クッションからヒネリで走らせる」に似ているかもしれない。なんとなくわかってはいるのだが、その動きを球にすることができないのだ。いろいろと四苦八苦していたら、KSさんが、長ー短ではなくて短ー長で練習したほうがいいと教えてくれた。テーブルの縦ではなくて、横で練習するということだ。そのほうが、グッと球が撞きやすくなる。そして短ー長で球の動きを感覚的に覚えるのがいいとのこと。なるほど。なるべく簡単な配置で撞き、球のイメージだけを覚えていくのだ。イメージさえできてしまえば、配置が変わっても実際に撞くことができるだろう。「できる」というイメージを持つことが、ビリヤードは大切なのだと改めて実感してしまった。


関連記事

|

« 高橋邦彦の14日間ビリヤード上達プログラム | トップページ | ミニチュア風写真の作成 »

コメント

図は5番のフリが逆に見えるけど、本当はもうちょっとフリがあります・・・すみません。

投稿: アライ | 2009/01/06 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43658806

この記事へのトラックバック一覧です: 狭い角度で押して出す:

« 高橋邦彦の14日間ビリヤード上達プログラム | トップページ | ミニチュア風写真の作成 »